武力行使自体を悪とする思想には善悪を分かつ智慧がない - 「愛が時代を動かす」 - 大川隆法総裁 法話レポート

武力行使自体を悪とする思想には善悪を分かつ智慧がない - 「愛が時代を動かす」 - 大川隆法総裁 法話レポート

 

2014年7月号記事

 

法話レポート

 

武力行使自体を悪とする思想には善悪を分かつ智慧がない

「愛が時代を動かす」

5月17日 中部正心館

 

 

 安倍晋三首相が、集団的自衛権行使容認に向けて検討を進めると表明したことで、「日本が戦争できる国になる」などと反対の声が挙がっている。そうした流れを受け、本法話では集団的自衛権についての見解が示された。

 

 

戦争自体を悪とする考えには善悪を判断する智慧がない

 冒頭、大川総裁は、1994年段階で北朝鮮の核ミサイルの危険性を警告したのに、20年あまりも放置して危機を拡大させた政治の無策を批判した。現在は、アメリカの軍事的な威信が低下する一方で中国が台頭し、ベトナムやフィリピンと衝突しており、「いつ戦争が始まってもおかしくない」と警鐘を鳴らした。

 不法な攻撃を受けた隣国を救うために、日本が何もできないなら、「ASEANのリーダーとしての信頼感は大きく失われる」と語った。

 もちろん「戦争そのものが悪」とする考え方もあるが、そうした考え方は「善悪を判断する智慧がない」、突き詰めていえば「神仏の心が分からないということ」だと喝破した。

 国民が飢えているのに核兵器を作り続けている北朝鮮や、自国民の信教や言論の自由を奪い、侵略行為を行う中国は、神の目から見て間違っている。こうした国の横暴を防ぐための実力行使と、自国の利益を得るため他国を不幸に陥れる実力行使は、価値判断において異なるとした。

 立憲主義の視点から、改憲の手続きを経るべきとの考えもあるが、危機が迫った現状では間に合わない。大川総裁は「法律のために人間があるのではなく、人間のために法律がある」と指摘し、「愛の行為が、同時に神仏の願う正義とも一致していくよう努力すべき」と主張した。

 日本には、アジアのリーダー国家として、智慧を伴った愛の行為が求められている。

 

 

ここに紹介したのは法話のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中です。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2014年7月号記事  大川隆法  法話  武力行使  善悪  智慧    神仏  戦争  ASEAN  中国  沖縄  

Menu

Language