【現地取材】韓国の反日慰霊碑で揺れる長崎・平和公園 - 実体のない「強制連行」を認めることは慰霊にも平和にもつながらない - The Liberty Opinion 1

【現地取材】韓国の反日慰霊碑で揺れる長崎・平和公園 - 実体のない「強制連行」を認めることは慰霊にも平和にもつながらない - The Liberty Opinion 1

 

2014年7月号記事

 

The Liberty Opinion 1

 

現地取材

 

韓国の反日慰霊碑で揺れる長崎・平和公園

実体のない「強制連行」を認めることは慰霊にも平和にもつながらない

 

 慰霊に名を借りた韓国の反日運動が、長崎市の平和公園を舞台に進められようとしている。

 本誌記者は5月上旬、長崎に飛び、現地で取材した。

 

◇ ◇

 

長崎市の平和公園。中央の平和祈念像は、「神の愛」と「仏の慈悲」を象徴している。全世界から平和を祈る人々が訪れるが、この地を決して「反日の聖地」にしてはならない。

 問題になっているのは、韓国政府と在日本大韓民国民団長崎県地方本部が、平和公園内への建立を目指して長崎市に設置許可を申請した、「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」だ。

 慰霊碑は、直径4・4メートルの台座に、高さ3・7メートルの石碑を建てる。碑文はハングル(韓国語)で、「この地で強いられた苦しみも」「この地での過酷な強制労働と虐待も」「よその国の戦争のために異郷で跡形もなく消えてゆく悲しみはどうすればよいのでしょう」などと刻まれる予定という。

 なお碑文は、「対日抗争期強制動員被害調査及び国外強制動員犠牲者等支援委員会」による起草だが、この団体はさまざまな形で第二次大戦における日本の"罪"を追及している、韓国の政府機関である。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年7月号記事  韓国  反日慰霊碑  長崎  平和公園  憎しみ  強制連行  

Menu

Language