緊張状態が続く南シナ海中国の横暴を座視するな - The Liberty Opinion 4

緊張状態が続く南シナ海中国の横暴を座視するな - The Liberty Opinion 4

 

2014年7月号記事

 

The Liberty Opinion 4

 

緊張状態が続く南シナ海中国の横暴を座視するな

 

 南シナ海をめぐって、中国と周辺国の間で、戦争に発展しかねない緊張状態が生まれている。

ベトナムが主張する排他的経済水域(EEZ)内のパラセル(西沙)諸島近くで、国有企業の中国海洋石油総公司が5月上旬、一方的に石油掘削を開始。これに反発したベトナム当局が、約30隻の艦船を送る一方、中国側も軍艦を含む約80隻の艦船を派遣。中国公船がベトナム船に体当たりや放水を繰り返し、ベトナム側に負傷者が出た。

 これを受けて、ベトナム各地では、反中デモが続発。南部ビンズオン省では、中国に抗議する約2万人のデモ隊の一部が暴徒化し、中国系企業を次々に襲った。

 また同じころ、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島近くで、フィリピン当局が、違法操業をしていたとして中国漁船を拿捕し、乗組員11人の身柄を勾留した。中国政府は反発している。

 こうした動きに対して、ラッセル米国務次官補は、訪問中のベトナムで、「領有権問題は、平和的、外交的に解決されるべき。力の行使は控えなければならない」と中国をけん制した。

 だがこれらが、4月下旬に米軍のフィリピン回帰が決まった直後に起こったことを考えると、中国はアメリカをなめてかかっていると見ていいだろう。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年7月号記事  オピニオン  南シナ海  中国  ベトナム  排他的経済水域  中国船衝突  

Menu

Language