【インタビュー】天安門事件から25年 日本は積極的に中国に民主化を求めてほしい

【インタビュー】天安門事件から25年 日本は積極的に中国に民主化を求めてほしい

 

2014年7月号記事

 

インタビュー

 

天安門事件から25年

日本は積極的に中国に民主化を求めてほしい

 

天安門事件当時の学生リーダー

王丹

(おう・たん) 1969年、北京生まれ。中国の民主活動家、歴史学者、国立清華大学(台湾)客員助理教授。1989年の天安門事件では学生リーダーとしてデモを主導。事件後、逮捕・投獄されるが、仮釈放と同時にアメリカに亡命。2008年にハーバード大学歴史学部で博士号取得。現在は台湾に在住しながら、中国の政治改革を訴え続けている。

 1989年6月4日、天安門広場に集まっていた学生たちに向かって人民解放軍が銃撃を始めました。

 未だに全容は明らかになっていませんが、約2000人の学生や市民が殺され、もっと多くの人が負傷したと推測しています。推測しかできないのは、証拠が何一つ残されていないからです。私自身も、自分や他の人が映っている事件の写真すら持っていません。

 当時、私たち学生は民主化と自由を求めて、天安門に向けてのデモやハンガーストライキを行いました。政治腐敗が深刻で、それが中国にとって障害となっていたからです。

 以前から民主化運動に参加していた私は、経験を買われてリーダーの一人になりました。事前に話し合いを行い、他の学生たちに参加を促し、天安門広場でのデモを主導したのです。

 事件後、逮捕・投獄されましたが、私の名前は広く知られ、国際社会も私の状況に関心を持っていたため、獄中での扱いはまともでした。しかし、投獄された他の友人たちはひどい目に遭っています。私は非常に特殊なケースにすぎません。

 

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年7月号記事  中国  天安門事件  言論  統制  民主化  台湾  

Menu

Language