自民党が選挙後 幸福実現党を後追いする理由

自民党が選挙後 幸福実現党を後追いする理由

 

2014年6月号記事

 

立党5周年記念

 

自民党が選挙後 幸福実現党を後追いする理由

「勝つための政治」から「正直な政治」へ

 

選挙に勝つためには、多少ウソをついても人気を得られる政策を掲げる――。

こうした選挙戦のセオリーと真逆の道を歩んでいるのが、2009年春に立党した幸福実現党だ。同党は、たとえ世論とぶつかることでも、日本に必要な政策を正直に訴え続けている。そして時代は、その主張通りに動いてきた。幸福実現党立党5周年にあたり、同党の主張を振り返る。

(編集部/小川佳世子、大塚紘子  HS政経塾/田部雄治、和田みな)

 

 

 政治家のウソと言えば、「消費増税」が記憶に新しい。

「4年間は消費税を上げない」。そう断言して2009年夏の衆院選に勝利し、政権を取った民主党だったが、1年も経たない10年6月に早々と消費増税に言及(注)。民主党3人目の首相となった野田佳彦氏は12年8月、公約違反の消費増税法を「命を懸けて」成立させた。

 一方、自民党は09年の段階で消費増税を主張している。ただ、「消費増税で社会保障費がまかなえる」という主張にはウソがある。高齢化にともない、社会保障費は税金でまかなう分が毎年約1兆円ずつ増える。将来的にも社会保障費をまかなうためには、今後、消費税率10%や15%では足りなくなるのは確実だ。

「政治家のウソにはもう慣れっこ……」。そんな声が聞こえてきそうだが、日本の政治はこのままでいいのだろうか。以下、4つの政策について、各党の主張が選挙の前後でどのように変わってきたかを検証する。

(注)2010年6月、参院選マニフェスト発表会見にて、菅直人首相(当時)が、「(2010年度内に)消費税に関する改革案をとりまとめたい」と発言した。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年6月号記事  幸福実現党  自民党  政策  選挙  政治  公約  国防  原発  TPP  

Menu

Language