ハッピー教育相談室 - 学園熱血教師のアドバイス 特別編 - 努力と感謝によるチアダンス世界一

ハッピー教育相談室 - 学園熱血教師のアドバイス 特別編 - 努力と感謝によるチアダンス世界一

 

2014年6月号記事

 

特別編

 

4月5日(現地時間)、米カリフォルニア州で開催された「第47回ミスダンスドリル米国際大会」で、幸福の科学学園チアダンス部の中学生チームが総合優勝、高校生チームが部門別で準優勝しました。今回は特別編として、同部顧問の桜沢教諭に、優勝までの軌跡と教訓について振り返っていただきます。

 

ハッピー教育相談室

学園熱血教師のアドバイス(特別編)

 

幸福の科学学園高校 第2学年主任 社会科教諭 チアダンス部顧問

桜沢正顕

 

 

 

 国際大会で、生徒たちは最高の演技ができました。一つひとつの技が決まるたびに、会場から大歓声と拍手が沸き起こり、生徒と観客が一体となった感覚を覚えました。

 演技を終えた時点で、すでに生徒たちは涙を浮かべ、「このメンバーで良かった」「支えてくださる方々の愛を感じながら踊れた」「踊りながら、幸せで涙が出た」と、互いの健闘をたたえ合っていました。

 そして、閉会式で中学生チームの「総合優勝」が発表された瞬間、私もうれしくて飛び上がってしまいました。

 閉会式後、現地のたくさんの方々が「Good Job!」と祝福してくれ、アメリカのダンスドリル協会の会長も、「遠くから来てくれてありがとう。素晴らしい演技だった」と、生徒全員と握手を交わしてくれました。

 

 

「あと一歩」という悔しさと自信を胸に

 中学生チームは、昨年もこの大会に出場し、優勝チームと0・5点という僅差で、世界一に届きませんでした。しかし、この時に味わった「あと一歩」という悔しさ、また、逆に「世界の舞台でここまでやれた」という自信が、その後、チームを大きく成長させてくれました。

 ただ、今回の大会に出場したメンバーには、昨年8月に国内大会で優勝したメンバーである2、3年生だけでなく、当時入部したばかりで出場していなかった1年生も加わります。

 その1年生を国際大会のレベルにまで育てるべく、上級生は時に厳しく叱咤激励し、1年生も先輩との演技のギャップを埋めようと、必死に努力してきました。もちろん、技術面だけでなく、精神的なプレッシャーとも戦ってきました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年6月号記事  幸福の科学学園  桜沢正顕  チアダンス  世界大会  優勝  精進  

Menu

Language