オバマ外交で中東はどうなる? - そもそも解説 3分で分かる「世界の政治・経済のなぜ」

オバマ外交で中東はどうなる? - そもそも解説 3分で分かる「世界の政治・経済のなぜ」

 

2014年4月号記事

 

そもそも解説

 

3分で分かる「世界の政治・経済のなぜ」

 

メニュー

 

テレビや新聞では連日のように、デモや紛争、経済などの国際ニュースが飛び交っている。何が問題になっているのか、理解したいと思いながらも、調べるのが大変だったり、よく分からないままのものも多いのでは。こうした国際問題でよく話題になるものを選び、ポイントを理解できるよう、基礎知識や前提知識を整理してみた。

(編集部 近藤雅之、小川佳世子、山下格史、山本慧)

 

 

オバマ外交で中東はどうなる?

 

 中東では今、イランの核開発問題やシリア内戦が長引いています。紛争やテロが多いこの地域の問題には、アメリカが深く関わっているので、今回は第2次大戦後のアメリカ外交を中心に中東情勢を理解してみましょう。

 戦中、ナチスから激しい迫害を受けたユダヤ人は、過去2千年もの間、国を持てず、世界を放浪していました。戦後、アメリカとイギリスを中心に同情の声が上がり、国連はユダヤ人のために、地中海に面したパレスチナ地域の3分の2の土地を分けて、イスラエルを建国させました。

 しかし、その地域はユダヤ教、キリスト教、イスラム教共通の聖地であるエルサレムを含んでいました。そのため、イスラム教徒が多いアラブ民族の国々は、大事な聖地を奪われたと反発。1973年までにイスラエルと4度の中東戦争を戦いました。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年4月号記事  そもそも解説  オバマ  外交  中東  シリア  内戦  弱腰  

Menu

Language