ユーロ危機って、その後どうなってるの? - そもそも解説 3分で分かる「世界の政治・経済のなぜ」

ユーロ危機って、その後どうなってるの? - そもそも解説 3分で分かる「世界の政治・経済のなぜ」

 

2014年4月号記事

 

そもそも解説

 

3分で分かる「世界の政治・経済のなぜ」

 

メニュー

 

テレビや新聞では連日のように、デモや紛争、経済などの国際ニュースが飛び交っている。何が問題になっているのか、理解したいと思いながらも、調べるのが大変だったり、よく分からないままのものも多いのでは。こうした国際問題でよく話題になるものを選び、ポイントを理解できるよう、基礎知識や前提知識を整理してみた。

(編集部 近藤雅之、小川佳世子、山下格史、山本慧)

 

 

ユーロ危機って
その後
どうなってるの?

 

 2009年、ギリシャが財政危機になって世界中が大騒ぎになりました。あの問題はまだ尾を引いていて、世界を再び混乱させる可能性があります。ユーロ圏の現状を理解するために、その歴史を見ていきましょう。

 ヨーロッパで統一通貨ユーロが使われ始めたのは1999年。国境を気にせず使える便利さと、ユーロ圏は発展するという期待から、世界の銀行や投資家がユーロ加盟国に投資するようになり、好景気が続きました。

 しかし2009年、ギリシャが財政赤字を実際より少なく見せていたことが発覚しました。政府が国債で借りたお金を約束通り返せず、銀行や投資家が大損する危険性が明らかになったのです。

 

続きは2ページ目以降へ

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年4月号記事  そもそも解説  EU  経済危機  ユーロ危機  ドイツ  緊縮財政  

Menu

Language