首相の靖国参拝は当然 - 英霊たちの名誉回復を - The Liberty Opinion 3

首相の靖国参拝は当然 - 英霊たちの名誉回復を - The Liberty Opinion 3

 

2014年3月号記事

 

The Liberty Opinion 3

 

首相の靖国参拝は当然
英霊たちの名誉回復を

 

 安倍晋三首相は昨年末、靖国神社を参拝した。政権発足から1年の節目に、祖国を守るために命を賭した英霊に、「二度と再び戦争の惨禍に人々が苦しむことのない時代を作る決意」を伝えた。

 現職首相としては約7年ぶりの参拝に、中国と韓国の両政府は、「国際秩序への挑戦」などと反発し、同盟国のアメリカまで、「失望している」と異例の声明を発表した。しかし、中韓はその後、日本を揺さぶるための具体的な一手を打てないでいる。

 そもそも、A級戦犯が合祀されたのは1978年だが、中韓はそれ以降もしばらく、歴代首相の参拝に抗議などしてこなかった。今のような批判を展開するようになったのは、85年に朝日新聞が、当時の中曽根康弘首相の参拝をくり返し批判するようになってからだ。

 つまり、「靖国問題」は、日本の左翼マスコミが作り上げ、中韓がそれを外交カードとして利用してきたという構図なのだ。

 

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年3月号記事  The Liberty Opinion  靖国参拝  首相  不成仏  左翼マスコミ  外交カード  自衛  侵略  

Menu

Language