「再誕の仏陀」が、伝統仏教界の闇に光を当てる - 「酒井雄哉大阿闍梨に引導を渡す」 ─仏教の中にある唯物論を正す─ - 大川隆法総裁 法話・霊言レポート

「再誕の仏陀」が、伝統仏教界の闇に光を当てる - 「酒井雄哉大阿闍梨に引導を渡す」 ─仏教の中にある唯物論を正す─ - 大川隆法総裁 法話・霊言レポート

 

2014年2月号記事

 

法話・霊言レポート

 

「再誕の仏陀」が、伝統仏教界の闇に光を当てる

「酒井雄哉大阿闍梨に引導を渡す」
─仏教の中にある唯物論を正す─

11月30日 幸福の科学総合本部で公開収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 死と隣り合わせの荒行「千日回峰行」を2回達成した天台宗の酒井雄哉大阿闍梨が、9月に亡くなった。だが、「悟り」を得たはずの酒井氏は、死んだことも認識できない様子で、大川総裁のもとに現れた。

 

 

宗教は「中身」が大事

 酒井氏は出家前、事業に失敗して借金を抱え、妻が自殺するという経験をしている。質問者との対話で、罪の意識に苦しんでいたことを告白した。だが、肉体をいじめても罪の意識は消えない。

 幸福の科学では、神仏の教えに照らして自らの思いと行いを振り返ることを「心の修行」として重視する。「悟り」とは修行の過程で得られる真実の智慧であり、ここに仏教の本質がある。

 大川総裁は、「迷っているにもかかわらず、悟った人のように振る舞って、多くの人を誤解せしめたところに何らかの罪が生まれている」と一喝を加えた。

 

 

心の修行の大切さは唯物論では分からない

 これまでも大川総裁は「人間は本来悟った存在」と考える天台本覚思想の誤りを説いてきたが、酒井氏の迷いの言葉は、図らずもそのことを実証した。

 心の修行の大切さは、あの世や永遠の生命を信じる霊的人生観なくして分からない。

「千日回峰行は、仏教の中にある唯物論」「『肉体行即悟り』とするなら、仏教を誤らせる」

 大川総裁はこのように指摘し、形だけの苦行で尊敬を集め、思いと行いの過ちに蓋をしている仏教界の闇に鋭く切り込んだ。

 伝統仏教界は、「再誕の仏陀」大川総裁の教えを学んで間違いを反省し、人々の魂を救済するという宗教の使命を果たすべきだ。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。
詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中です。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2014年2月号記事  大川隆法  公開霊言  酒井雄哉  大阿闍梨  悟り  宗教  唯物論  

Menu

Language