社会悪を追及しながら探し求めた「神仏の心」 - 「ベストセラー作家・山崎豊子『死後の運命を語る』」 - 大川隆法総裁 法話・霊言レポート

社会悪を追及しながら探し求めた「神仏の心」 - 「ベストセラー作家・山崎豊子『死後の運命を語る』」 - 大川隆法総裁 法話・霊言レポート

 

2014年2月号記事

 

法話・霊言レポート

 

社会悪を追及しながら探し求めた「神仏の心」

「ベストセラー作家・山崎豊子『死後の運命を語る』」

12月4日 幸福の科学総合本部で公開収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 医学界の権力闘争を描く『白い巨塔』や、航空会社の不正を暴いた『沈まぬ太陽』など、実在する事件や社会問題を扱った小説を数多く著した山崎豊子氏。死後2カ月あまりで大川総裁のもとを訪れ、霊的に“格付け"してくれないかと交渉してきた。

 

 

山崎豊子 死後第一声

山崎豊子 死後第一声

大川隆法著

幸福の科学出版

社会悪をテーマにした二人の小説家の境涯の違い

 山崎氏と言えば、社会悪を描いた小説家という点で松本清張氏と比較されることが多い。だが、それぞれの本心を比較すると違いが見えてくる。

 2012年の1月に収録された松本氏の霊言では、「神様は、人間を悪としてつくったんだ」「この世は悪に満ちとるんだ」と述べ、人間不信をあらわにした。

 一方、山崎氏の霊は、大きな運命の中で葛藤しつつ生きる人間を描き、「神仏はなぜ、こういう人をつくられ、このような運命のなかに置かれるのか」といった神仏の心を探究したい気持ちがあったと述べた。

 また、「社会悪の追及をしているなかに、間違いがあるかもしれないので、参考になるものがあれば自分を照らしたいと思っていた」と謙虚な姿勢ものぞかせた。

 

 

マスコミは何を求めているか

 新聞社に勤務していた山崎氏は、マスコミの問題にも切り込んだ。生前、「天敵」と称していた朝日新聞については、死んでまで悪口を言いたくはないと断りながらも、「日本を正しく導いたのかどうか疑問はある」と、バブル崩壊を招き、原発事故の恐怖を煽る報道姿勢を批判した。

 幸福の科学については、神仏の善悪の観点からマスコミにも悪があることを追及してきたことを評価し、「これはマスコミにとって非常にきつい」と語った。

 マスコミにも、「神仏の心」を探究しようとする姿勢がほしいところだ。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。
詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは霊言のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

本霊言は、幸福の科学の全国の支部・精舎・拠点で公開中です。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : happy-science.jpまで。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

タグ: 2014年2月号記事  大川隆法  公開霊言  山崎豊子  小説家  社会悪  マスコミ  

Menu

Language