唯物論者たちの回心.3 - 医者は皆「唯脳論」なのか?

唯物論者たちの回心.3 - 医者は皆「唯脳論」なのか?

 

2014年2月号記事

 

『忍耐の法』特集

 

「常識」を逆転せよ!

唯物論者たちの回心.3

 


contents

 

 

Part 2.

 

医者は皆「唯脳論」なのか?

 

唯物論の傾向が強い科学の中でも、脳や遺伝子を人間の本質と考える医師は多い。唯物論のままの医師と、そこから目覚めた医師とでは何が違うのだろうか。

 

 

唯物論医学では知り得なかった永遠の生命の尊さ

原田善仁さん

熊本県 48歳 整形外科専門医

 医学部3回生の時に、霊的な世界を信じるようになりましたが、それまではいわゆる唯物論者でした。

 父親は先祖供養系の宗教をやっていて、毎日お参りしていましたが、私はそれを斜めから見ていて、「自分は関与しないぞ。誘わないでくれ」と思っていましたね。

 目に見えない世界にすがるよりも、自分の努力で人生を生きたいし、「人間はこの世限り」というのが世間の常識ですから、それにどっぷり浸かっている状態でした。

 医学部に進学してからは、友人たちも霊的なものはキワモノ扱いで、生理学などの講義も、人間の心も何もかも、すべて脳に本質があるという考え方で組み立てられていました。

 

 

確信と新たな葛藤

 私が壁にぶつかったのは、生理学よりも解剖実習を始めてからのことでした。人間の体は最後にはバラバラになって、火葬すれば犬の餌にもならない状態になります。その肉体が人間のすべてなら、自分の志している医学にどんな意味があるのだろうかと、疑問を拭えず、内省的になっていきました。

 死ねばすべてなくなるならば、人間の生きる意味は何なのだろうか──。悩んでいる時に、寮の同じ部屋の友人から大川総裁の書籍『谷口雅春霊示集』(注)を渡されたのです。「霊言なんて怪しい。あるわけない」と思いましたが、友人が「読むと明るくなれるよ」と言ってくれたので軽い気持ちで読み始めました。

 しかし、頭をガツンと殴られたようなショックを受けました。1章を読み終わる前に体が熱くなってきて、涙が溢れ出てきたのです。医学的には説明できない現象で、初めての神秘体験でした。

 このとき確信したのは「生命は永遠なのだ」ということです。何か高いハードルを超えたような感覚で、これまでの人生観が崩れていきました。でも、それは新たな葛藤の始まりになり、約半年ほど苦しむことになりました。

 

 

出口ではなく入口を見つける

 あの世の世界は、科学で証明できないですし、「自分は少数派の人間として、変わり者と呼ばれるのだろうか」という不安がありました。大学で勉強している内容からもかけ離れているので、「これ以上関心を持たない方がいい。今までの価値観がどんどん崩れていく」という恐怖心もありました。

 大学の講義では相変わらず、人間を機械の部品の集まりと見る、唯物論的な西洋医学が刷り込まれるので、「一体どっちが本物なんだ」という葛藤が続きました。

 その一方では、「自分が生まれてきた意味を知りたい」という思いから、大川総裁の書籍に書かれている反省行を重ねました。その中で、温かい光を感じたり、罪が許されて心が軽くなる感覚を繰り返し実体験したことで、「新しい世界に飛び込むのは怖い」という思いが徐々に薄れていきました。

 そして、「逃げようと思うんじゃなくて、ここを入口だと思って立ち向かい、新しい人生を開けばいいんだ」と決意したとき、未来が明るく開けていく感覚、力強い喜びに包まれました。心の奥からも「そうだ、それでいいんだ」という魂のうずきが出てきて入信することを決意しました。

「本当のことを知りたい」という思いに素直に向き合うことが大事だったと感じています。 (談)

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年2月号記事  唯脳論  医者  回心  原田善仁  矢代智康  

Menu

Language