資本主義経済を糾弾する声明を発表 ローマ法王はマルクス主義に"改宗"? - The Liberty Opinion 2

資本主義経済を糾弾する声明を発表 ローマ法王はマルクス主義に"改宗"? - The Liberty Opinion 2

 

2014年2月号記事

 

The Liberty Opinion 2

 

資本主義経済を糾弾する声明を発表
ローマ法王はマルクス主義に"改宗"?

 

 米誌タイムは12月上旬、ローマ・カトリック教会の法王フランシスコを、毎年恒例の「今年の人」に選んだ。選出の理由は、「謙虚な聖人の名で呼ばれ、教会を癒しの場とするよう呼びかけた」としている。

 しかし、それに先立つ11月下旬、法王が就任以来初めて発表した「ミッション・マニフェスト」で、資本主義に対して露骨な表現で批判していたことを見逃してはならない。その内容は驚くべきものだ。

 たとえば、市場経済システムについて、「『汝殺すなかれ』という戒律と同じように、排除と不平等の経済に『汝向かうなかれ』と言わなければならない」「この経済は(人間性を)殺す」「排除された人たちは、搾取されたのではなく、見捨てられたのだ」と指摘した。

 資本主義経済は、「根本において不公正」であり、「富の不平等な分配は暴力を招く」とし、統制されない資本主義を「新しい専制を生む」などとして、“暴君"扱いしている。

 また、「市場経済の絶対的な自律性を否定することによってしか、貧困問題は根本的に解決されない」と経済システムの徹底的な見直しを求めた上で、「疎外」され「不平等」な状態にある人々への配慮を促し、政治家はすべての国民に雇用と社会保障を約束するよう促している。

 法王は5月のミサでも、「無神論者も、善行を行うならば、カトリック教徒と同程度に善人である」と語って物議をかもしたが、資本主義経済を否定し、無神論者を肯定するならば、マルクスの共産主義思想と何ら変わらない。

 そもそも資本主義経済を否定する計画経済は、旧ソ連ですでに破綻している。また、神仏やあの世を信じていない人が、死後すぐに天国に還ることは難しいというのが霊的真実だ。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年2月号記事  ローマ法王  マルクス主義  資本主義  糾弾  カトリック  

Menu

Language