性同一性障害や医療技術の進歩に宗教的真理の普及を急げ - The Liberty Opinion 4

性同一性障害や医療技術の進歩に宗教的真理の普及を急げ - The Liberty Opinion 4

 

2014年2月号記事

 

The Liberty Opinion 4

 

性同一性障害や医療技術の進歩に宗教的真理の普及を急げ

 

 女性から性別変更して結婚した男性と、第三者の精子による体外受精で妻が産んだ子供との間に、初めて父子関係を認める最高裁判決が出た。

 社会の変化と医療技術の進歩で家族の問題が複雑化している。

 

 

法整備は幸福をもたらすか

 現行の民法は、両親との血縁を想定し、「婚姻中に妊娠した子は夫の子」と「推定」することで父子関係を決める。母子関係については法律の規定がないが、出産した女性を母とするとの判例がある。

 ただ、第三者から精子を譲り受ける体外受精や代理母出産では、生物学上の親子関係と、養育上の親子関係が生じ、どちらを重視するかが問題となる。

 前者の場合、精子提供を受けて生まれた子供かどうかは出生届では分からないため、「婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定する」との規定に基づいて、体外受精を承諾した夫が父となる。

 今回のケースは夫が性別変更をしているため、「血縁関係があるはずはない」として父と認められず、裁判で争われた。

「性別の変更や結婚を認めたのに、子供を持つことを認めないのはおかしい」「子供の法的地位を確立するためにも民法を改正すべきだ」という声もある。

 一方、「子供は生物学上の親と育ての親の間で苦悩する」という批判もある。これは、いくら法整備をしても残る問題だ。

 

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年2月号記事  性同一性障害  医療  宗教  法整備  

Menu

Language