安倍首相は正々堂々と議論せよ/憲法改正や集団的自衛権 - The Liberty Opinion 3

安倍首相は正々堂々と議論せよ/憲法改正や集団的自衛権 - The Liberty Opinion 3

 

2014年1月号記事

 

The Liberty Opinion 3

 

憲法改正や集団的自衛権

安倍首相は正々堂々と議論せよ

 

「特定秘密保護法案」が閣議決定され、今秋の臨時国会で審議されている。

 本法案については、一部マスコミを中心にアンチ・キャンペーンが進行中だ。東京新聞は10月29日付朝刊で、憲法・メディア法と刑事法の研究者が、本法案への反対声明を発表したことを報じた。11月に入ってからは、フリージャーナリストらでつくる「自由報道協会」も反対声明を発表。「国民の知る権利が害される」「報道の自由を奪う」というのがその理由だ。

 冷静に見れば、秘密保護法自体は、国の安全保障のために必要といえる。2007年には、海上自衛官がアメリカの軍事機密が含まれるイージス艦情報を漏洩させたとして逮捕されたが、現行法では窃盗罪よりも軽い罪にしかならない。これでは、同盟国の信頼は得られまい。

 マイナス面ばかりを取り上げるマスコミの問題もあろう。だが、この法案の趣旨と必要性を真正面から国民に説明しない安倍晋三首相にも責任の一端があると言わざるを得ない。

 

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年1月号記事  安部首相  憲法改正  集団的自衛権  議論  信念の政治家  勝手口から入ってくる  

Menu

Language