「人物本位」の大学入試制度改革は「ゆとり教育」への回帰 - The Liberty Opinion 4

「人物本位」の大学入試制度改革は「ゆとり教育」への回帰 - The Liberty Opinion 4

 

2014年1月号記事

 

The Liberty Opinion 4

 

「人物本位」の大学入試制度改革は「ゆとり教育」への回帰

 

 政府の教育再生実行会議は10月、大学入試制度改革に関する提言を安倍晋三首相に提出した。

 本提言は、現在のセンター試験に代わって、「基礎」「発展」レベルの2種類の「達成度テスト(仮称)」の導入を目指すもの。

「基礎」レベルのテストは、在学時に複数回受けることができ、その結果を各大学が推薦入試やAO入試(注)に活用する仕組みだ。「発展」レベルのテストは、学生の成績を一点刻みではなく何段階かのランクに大別して、各大学はそれに加え、面接や論文、高校時代の部活動やボランティア、留学経験などの「人物本位」で合否を判定する。

 下村博文・文部科学相は「多面的・総合的な能力・意欲・適性を評価する選抜への転換」としている。だが、各方面から「合否の判断根拠が不透明で、受験生の不安感を募る」「人物本位は結局、『育ちの良さ』を見ることになり、社会の階層を固定化する」など、さまざまな批判や疑問が噴出している。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2014年1月号記事  人物本位  ゆとり教育  大学入試制度改革  知識偏重  学問の自由  

Menu

Language