東京五輪決定で国運を占う - The Liberty Opinion 1

東京五輪決定で国運を占う - The Liberty Opinion 1

 

2013年11月号記事

 

The Liberty Opinion 1

 

東京五輪決定で国運を占う

 

「亡国と衰退」の兆しか
「栄光と繁栄」の始まりか

 

2020年五輪招致IOC総会。東京の最後のプレゼンを務める滝川クリステル氏。

 意外に安倍晋三首相は強運だ。2020年の東京オリンピック開催が決定した。

 東京五輪はこれまで1960年と2016年の二度立候補して落選しているが、それぞれ鳩山一郎、鳩山由紀夫が首相だった。そして1964年と2020年に当選した時の首相が岸信介と安倍晋三だ。これは偶然の一致か。一国のリーダーに誰を選ぶかの重要性を改めて思い知る。「下山」だの「辺境」だの自虐的に言われてきた日本の未来に希望の光が見えた。

 しかし、五輪を開催するというだけで日本の繁栄が保証されるわけではない。観光や建設などで特需が生じるのは東京が中心になるし、実需が生じるのも、もう少し先の話だ。国民の実感としては、消費増税の衝撃が先に襲ってくる。特定の地域に一過性の経済効果が生じるだけに終わらないよう、全国へ波及させるための大胆な経済対策を同時に行う必要がある。

 期待のリニアも、東京―名古屋間を開通させるのは、「とても間に合わない」(JR東海・山田佳臣社長)と言うが、せめて世界遺産に登録された富士山の観光を見込んで、山梨県駅まででも開通させたい。

 安倍首相は、悲願の憲法改正を実現すべく長期政権を狙うのなら、五輪開催までの7年間のグランドビジョンを明確に描く必要があろう。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年11月号記事  東京五輪  栄光  繁栄  亡国  衰退  安倍首相  リニア  

Menu

Language