三菱グループ創業の父 岩崎弥太郎 - 巨富への道の歩み方

三菱グループ創業の父 岩崎弥太郎 - 巨富への道の歩み方

 

2013年11月号記事

 

シリーズ 富、無限 第6回

 

一代で巨大企業グループを築き

巨万の富を得た岩崎弥太郎。

いったいどうやってその富を生みだしたのか──。

その成功の秘訣を探ると

「強欲な実業家」といった一般的なイメージとは

全く違う姿が浮かび上がってくる。

近代日本の発展に貢献した「魂」の真実に迫る。

(編集部 馬場光太郎)

 

 

三菱グループ創業の父 岩崎弥太郎

巨富への道の歩み方

 

日本最強の企業家

今や日本中で目にするスリーダイヤマーク。岩崎家の家紋「三階菱」と土佐山内家の家紋「三ツ柏」の組合せに由来する。「三菱」という社名はこのマークにちなんで付けられたもの。

 

各企業の総資産ランキング上位を独占する三菱グループ企業(2013年3月)

 金融、商社、不動産、金属鉱業、海運──。このすべての業界でトップに君臨するのが三菱グループだ。三菱電機、三菱重工業、三菱ふそう、三菱自動車のほか、東京海上日動火災保険、明治安田生命保険、キリンホールディングスなども三菱グループであり、まさに日本最大の企業グループである。

 この巨大コンツェルンを創業したのが岩崎弥太郎だ。弥太郎は1835年に土佐藩安芸に生まれた。32歳で土佐藩の貿易組織・土佐商会長崎出張所に赴任し、主任となる。明治維新後の廃藩置県に伴い、同会は弥太郎個人の海運業社となり、1873年に「三菱商会」と改名される。弥太郎は日本にとどまらずアジア・ロシアにまで汽船輸送航路を開設。当時の日本の汽船総トン数の73%を占め、「海運王」と呼ばれた。弥太郎が亡くなった1885年には、郵便汽船三菱会社の資産は国家財政の11分の1の規模となっている。さらに海運を軸に金融・保険・倉庫・造船など多角展開し、江戸時代から続く三井、住友を凌駕する。一代で日本最大の財閥を築いたのだ。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年11月号記事  富、無限  岩崎弥太郎  三菱  明治維新  忍耐  顧客に尽くす  愛国心  

Menu

Language