1.気概 2013年参院選 幸福実現党が自民党よりスゴい5つの理由

1.気概 2013年参院選 幸福実現党が自民党よりスゴい5つの理由

 

 

2013年8月号記事

 

2013年参院選 幸福実現党が自民党よりスゴい5つの理由(期間限定無料)

 

7月の参院選で大勝をねらう安倍自民党だが、歴史認識や憲法改正問題で、国内外の批判を浴びると腰が引け始めた。一方、幸福実現党は2009年の立党以来、国防や経済など様々な政策でブレずに主張を続ける。自民党をはじめ、与野党から政策を真似される幸福実現党のどこがスゴいのか、に迫った。

(編集部 山下格史、河本晴恵、呉亮錫、居島有希)

 

21世紀、世界をリードする政党はどこ?

 

1 気概

 

自民党 主張をボカす「あいまい路線」
幸福実現党 ブレずに「モノを言う」

 

 

(1)批判されると腰が引け主張を隠す自民党

比例代表

矢内筆勝

上写真は、支持者からの声援を受け、演説に熱をこめる幸福実現党の矢内党首。安倍首相は、アベノミクスの柱が、幸福実現党の政策のパクりであることを認め、国民に説明すべきだろう。

 自民党は昨年12月の衆院選で、「名目3%以上の経済成長」「集団的自衛権の行使を可能に」「憲法96条の改正」など積極的な政策を打ち出し、政権を取り戻した。

 選挙後にも、安倍晋三首相は、自虐史観の象徴と言える「村山談話」を見直し、新しく「安倍談話」を出すことを示唆。毅然とした態度に期待が集まったが、それは裏切られていく。

 アメリカや中国、韓国が安倍政権を「右傾化している」と批判し、従軍慰安婦問題で国内外のメディアが橋下徹・大阪市長へのバッシングを強めると、自民党はみるみるうちに委縮。5月末に明らかになった参院選の公約原案では、経済成長の具体的な数値目標や、「集団的自衛権の行使」の文言が削られ、あいまいな表現が目立つようになった。「党の使命」と位置づける憲法改正についても、争点化を避けるように「改憲原案の国会提出」という漠然とした言い回しにとどまった。

 幸福実現党は2009年の立党以来、「憲法9条改正」「敵基地攻撃力の保有」「増税反対」などの主張をブレずに訴えてきた。同党の矢内筆勝党首は、「批判されると腰が引け、主張をぼかしたり隠したり、その場を取りつくろう自民党の姿勢は、自虐史観に縛られた戦後日本政治の負の部分そのもの。国民に対して、あまりに無責任だ」と憤る。

 

 

 また、自民党は参院選のキャッチフレーズを、衆院選と同じ「日本を、取り戻す。」としている。この言葉が象徴するように、自民党は、戦後のマイナスの部分や、民主党政権でえぐれた部分をゼロに戻すことで精一杯。憲法改正草案でも、第1条で真っ先に「天皇は日本国の元首」とするなど「戦前回帰」を連想させる。同党の時代的使命は終わりに近づいているのかもしれない(上図)。

 

 

(2)米国を叱り、地球的正義 を追い求める幸福実現党

 そもそも安倍自民党は、衆院選前に掲げた経済政策、いわゆる「アベノミクス」によって有権者の支持を拡大してきた。だが、その経済成長の数値目標や金融緩和などの内容は、幸福実現党が立党当時から掲げていた政策の後追いであることは、政界やマスコミの間でよく知られている。

 しかし、これをそのまま済ませてはいけない。イギリスで始まった議会政治のルールを踏みにじっているからだ。

 1840年代、イギリスでは「穀物法」を巡って議論が紛糾。法律を支持した保守党が、反対した自由党に選挙で勝ち、政権を握った。ところがその後、保守党政権が一転して穀物法を廃止すると、保守党員のディズレーリが、党首のピール首相に対して、「潔く自由党に政権を譲るべきだ」と批判。これを機にピール政権は倒れ、その後の議会政治に「他党の公約を盗むべからず」というルールが確立した。

 現代の日本に当てはめれば、公約を盗んだ自民党は幸福実現党に政権を譲るか、少なくとも同党の人物を入閣させる必要がある。幸福実現党は安倍政権だけでなく、民主党政権からも公約のつまみ食いをされており、その意味で、事実上、日本の政治を動かしてきた。だが、そろそろ日本も本来の議会政治のルールに則るべきだろう。

 矢内党首は6月、都内の支持者の会合で、政策を後退させ始めた安倍政権をこう批判した。

「自民党が保守政党としての責務を果たさないならば、(有権者の選択肢は)幸福実現党しかない。私たちが日本を守るために、憲法9条の改正を掲げ、自虐史観や(従軍慰安婦・南京大虐殺という)ウソやねつ造を修正していかなければ、日本が中国や北朝鮮の植民地になってしまったら、私たちの子供たちが慰安婦にされ、大虐殺される。こうした危機が、今この日本に迫っている」

同党は参院選の公約で歴史認識の見直しを掲げるが、これは同時に、欧米諸国が行ってきたアジア・アフリカへの植民地支配が正しいものであったかを問い、同盟国のアメリカにも、民間人を狙った広島・長崎への原爆投下や東京大空襲が合法的な戦闘行為であったかという問いを突きつけるものだ。

 幸福実現党は、独裁国家の中国や北朝鮮のみならずアメリカをも叱る気概を持っている。日本一国だけでなく世界中の人々が目指すべき「地球的正義」を追い求める政党と言える。

 

「自由の創設」のために報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2013年8月号記事  幸福実現党  参議院選挙  やない筆勝  自民党  安倍晋三  

Menu

Language