サハリンとユーラシア大陸をつなぐ橋が建設へ ユーラシアに一大経済圏が生まれる

ロシアの極東発展省は3日、ロシア本土とサハリン島に橋をかけて鉄道で結ぶ計画の工事を2016年に始めると発表した。4日付朝日新聞によれば、サハリンと北海道とを結ぶ計画についても、日本の国土交通省とサハリン州の間で協議された模様だ。シベリア鉄道を経由して、ユーラシアの西と東を結ぶ鉄道の実現に一歩近づいた。

 

極東発展相のイシャエフ氏は、「確実な交通の連絡がないことでサハリン州の経済発展が困難だった。橋の建設で大陸から(サハリンの)不凍港にアクセスできるようになる」と、計画への期待を語っている(4日付朝日新聞)。現在、サハリンと大陸との間の交通手段は飛行機が中心で、船舶航路もある。しかし冬季は、悪天候で空港が閉鎖されたり、流氷で船舶が航行できなくなるなどして、「孤島」と化してしまうことがある。この橋と鉄道の建設により、季節に関係なく物流ルートを確保することができる上、輸送コストの削減や時間の短縮も期待できる。

 

ロシアのプーチン大統領は2012年の大統領復帰後、「極東発展省」を創設。極東地域のインフラ整備や宇宙基地建設など、大規模開発に力を入れているほか、外国企業の受け入れにも積極的だ。今回のプロジェクトも、その一環である。もともとプーチン大統領は2001年、大陸と北海道をつなぐ計画を「ユーラシア横断鉄道計画」として策定しており、極東開発への強い思い入れを示してきた。大統領復帰前の2011年12月にも、首相として「日本までトンネルを建設することも可能。シベリア鉄道を日本の貨物で満載することにつながる」と語っている。

 

北海道と大陸とが陸路でつながれば、日本からヨーロッパまでの輸送にかかる時間は船便より2週間短縮される。日本とロシア、欧州との間で経済的な結びつきが強まり、日本の輸出拡大も期待できる。日露関係について言えば、ロシアは日本に対し、サハリンから電力を供給する構想を提示しているし、天然ガスの売り込みも進めたいところである。こうした資源の貿易も、より活発になるだろう。

 

この計画は、日本、ロシア、そしてヨーロッパと、ユーラシア全体の発展に寄与するものである。実現すれば日本とロシア・ヨーロッパの間で人・モノ・カネの動きが加速し、経済発展へと繋がることだろう。将来的には、東京からロンドンに向けて、日本が開発したリニア新幹線を走らせることも可能だ。日本はこのプロジェクトにより積極的に参画すべきである。(晴)

 

【関連記事】

2013年4月24日付本欄 日露首脳会談の日程決まる ロシア側は「電力の橋」構想で日本への協力をアピール

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5920

 

2011年12月19日付本欄 「サハリン-北海道間にトンネル建設を」 プーチン首相の発言の波紋

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3522

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

ようこそザ・リバティWebへ

大川隆法 大講演会
「未来への希望」

お申し込み

ウェブ予約を受付中

詳細をお送り致します
(自動返信)


上記のフォームから、本会場・広島県立文化芸術ホール(上野学園ホール)へのウェブ予約ができます。参加対象は、以下の条件を満たす方です。

※広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県にお住まいの方。

※幸福の科学 未会員

※会員の方は所属の支部でお申込みください。

※同伴されるお子様は「小学生以上」とさせていただきます。

※既に入場チケットをお持ちの方、支部経由で予約済の方は、申込の必要はございません。

※18歳未満の方は保護者の承諾を得た上で、保護者同伴にてお申し込みください。保護者の方の登録もお願いいたします。


講演会のウェブ予約は 1月24日(木) 12:00 まで受け付けております。

メールアドレス入力(空メール送信)時点では、まだ予約は成立しておりません。

受信制限をしている方は hsmail.org からのメールを受信できるよう設定してください。

QRコードを読み取り、そのまま空メールを送信いただいても結構です。

月刊誌最新号
ザ・リバティweb無料メルマガ「お試し☆ニュース・クリップ登録
Other Languages
ザ・リバティweb Twitter
ザ・リバティweb Facebook
「THE FACT」 マスコミが報道しない「事実」を世界に伝える番組-YouTube
ザ・リバティWeb YouTubeチャンネル

Menu

Language