皇室を世俗化する唯物的宗教学の危険性 - 「守護霊インタビュー 皇太子殿下に次期天皇の自覚を問う」

皇室を世俗化する唯物的宗教学の危険性 - 「守護霊インタビュー 皇太子殿下に次期天皇の自覚を問う」

 

2013年6月号記事

 

皇室を世俗化する唯物的宗教学の危険性

「守護霊インタビュー 皇太子殿下に次期天皇の自覚を問う」

4月12日 幸福の科学総合本部で公開収録

 

 

守護霊インタビュー 皇太子殿下に次期天皇の自覚を問う

守護霊インタビュー 皇太子殿下に次期天皇の自覚を問う

大川隆法著

幸福の科学出版

1,470円(税込)

 皇太子ご夫妻は4月下旬に新国王即位式が行われるオランダを訪問されることになった。皇太子妃・雅子さまは11年ぶりの海外公務となる。この件については、療養中の雅子さまの同行の可否がはっきりしなかったため決定に時間がかかり、宮内庁がご夫妻に異例の"苦言"を呈するなど、話題となっていた。

 雅子さまは皇室の公務・祭祀への出席がままならない状態が長く続いており、医師から「適応障害」と診断されている。強いストレスで心身に変調をきたす病気だ。

 今回のオランダ訪問は喜ばしいことだが、識者やマスコミの間では、皇太子妃としての務めを十分に果たせない雅子さまに対する批判が根強い。加えて、この問題が皇太子さまの足枷になっていることを危惧する声も高まっている。最近では、天皇・皇后両陛下に比べて皇太子さまの公務が少ないなどとも批判されている。

 そんななか、「新潮45」(3月号)で宗教学者・山折哲雄氏の論文「皇太子殿下、ご退位なさいませ」が発表され、大きな波紋を呼んでいる。皇太子位を弟君の秋篠宮殿下に譲ることを促すという衝撃的なものだ。

 その論文で山折氏は皇室の家族のあり方を「象徴家族」と呼び、「近代家族」と対比させる。そして、皇太子さまに「近代家族」を優先して皇室の重圧から逃れることを勧めているのだ。また山折氏は、皇太子さまの退位宣言を新たな「人間宣言」であるとも言い、昭和天皇から続く人間宣言の流れを歓迎しているようだ。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年6月号記事  皇室  世俗化  皇太子  徳仁親王  山折哲雄  守護霊  

Menu

Language