戦後日本の繁栄を築いた言論人たち ~その世界史的意味~ - 新たなルネッサンスへ 大川隆法・霊言シリーズの衝撃2

戦後日本の繁栄を築いた言論人たち ~その世界史的意味~ - 新たなルネッサンスへ 大川隆法・霊言シリーズの衝撃2

 

2013年6月号記事

新たなルネッサンスへ 大川隆法・霊言シリーズの衝撃

 

新連載 第二回

 

戦後日本の繁栄を築いた言論人たち

~その世界史的意味~

※本稿は2013年4月11日時点で明らかになっている霊界情報をもとに構成したものです。

 

大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は昨年から今年にかけて、戦後の日本を思想的に支えた保守系言論人の本人の霊、あるいは守護霊を招いて公開霊言を行っている。これまで明らかになった彼らの過去世を見ると、世界史の中で、繁栄した国を導いてきたことが分かる。その彼らが、現代の日本に一堂に会したことが何を意味するのか。

 

 

 

 世界史の傍流にアジア史があり、アジア史のさらに傍流に日本史がある――。世界史における日本史の位置づけには、このようなイメージが付きまとう。

 しかし、大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が昨年から今年にかけて、保守系言論人の霊や守護霊を招き、公開霊言を行ったところ、どうやら、それが大きな誤解であったことが明らかになってきた。

 霊言の対象となったのは、清水幾太郎、日下公人、小室直樹、谷沢永一、竹村健一、渡部昇一、長谷川慶太郎の各氏。戦後日本を代表する錚々たる言論人である。まずは、彼らが積み上げてきた言論が、戦後の日本に何をもたらしたのかを、ざっくりと振り返ってみよう。

 戦後の日本人は、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)によって宗教心を奪われた上、つくり出された東京裁判史観で「日本は悪い国だった」という罪悪感を押しつけられてしまった。同時に、戦前・戦中を「天皇中心のファシズム」と断罪した丸山眞男氏のような主張が一世を風靡。戦後の復興や高度成長を否定するマルクス主義思想が、政界、財界、教育界、マスコミ界など各界に広まった。1960年の安保闘争では学生が首相官邸を取り囲む「革命前夜」の様相を呈するまでに混乱した。

 また、「憲法改正」や「国防強化」を語る政治家がマスコミに断罪され、中国や韓国に謝り続けることが「日本のアイデンティティ」であるかのような異常な時代だった。今となっては考えられないことだが、あと一歩で日本は共産化していた可能性があったのだ。

 そうした中で、当時少数派に過ぎなかった、彼ら保守系言論人たちが時代に抗し、先の戦争での日本の正当性を訴えたほか、社会主義陣営に取り込まれるのを防ぐため正論を唱え続けたのだ。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年6月号記事  公開霊言  渡部昇一  清水幾太郎  長谷川慶太郎  谷沢永一  竹村健一  日下公人  小室直樹  

Menu

Language