口ベタなあなたにもできる説得力の高め方

口ベタなあなたにもできる説得力の高め方

 

2013年6月号記事

 

口ベタなあなたにもできる説得力の高め方

 

「もっと説得力があったらいいのに」。営業で十分な成果が上がらなかったり、ビジネスの交渉で失敗したりした時などは、思わずこう嘆くことも多いだろう。中には、「私は口ベタだから」「向いていないから」などと諦めてしまう人もいるかもしれない。しかし、説得力は、決して生まれつきのものではなく、誰でも高めることができる。そのための方法を探ってみた。

(構成 村上俊樹/取材・文 河本晴恵、居島有希)

 

 

 鈴木敏文氏と言えば、日本でセブン‐イレブンを創業したことで有名だ。

 当時、鈴木氏は、多くの役員が反対するなか、コンビニ事業の成功を確信し、周囲の説得を続け、グループの創業者である伊藤雅俊氏をも説得し、見事セブン‐イレブンを立ち上げた。まだ世の中に存在しない業態がいかに有望なものかを説得できたのだから、相当なものだ。

 実はその鈴木氏は、子供の頃は「あがり症で人見知り」だった。中学受験や新聞社の入社試験では、筆記試験は合格したのに、面接試験で不合格になっている。今でも初対面の人とは雑談するのも苦手だという。

 また、テレビショッピングでおなじみの「ジャパネットたかた」の名物社長、高田明氏。自らテレビやラジオなどに出演し、独特の甲高い声で情熱的に商品の魅力を語る、その説得力はプロ中のプロと言えるだけの迫力に満ちている。

 しかし、その高田氏も普段は「口ベタで人見知り」だという。取材を受けると、「テレビ出演の様子と全く印象が違う」と驚かれてしまうらしい。

 この2人の事例から分かるように、説得力がある人は決して、「社交的」で「おしゃべり」とは限らない。実際は、「人見知り」だったり「口ベタ」だったりするケースは多い。つまり、説得力は生まれつき決まるわけではなく、誰でも高めることができるということだ。

 それでは、説得力の高い人々に共通するポイントとは何なのだろうか。どう努力していけばよいのか。

 口ベタでも成功した人たちの事例から、説得力を高める秘訣を学んでみてほしい。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年6月号記事  説得力  与える愛  熱心  津田秀晴  

Menu

Language