山口敏太郎のエックス-リポート 【第9回】

山口敏太郎のエックス-リポート 【第9回】

 

2013年3月号記事

 

山口敏太郎のエックス-リポート

No. 009

 

オカルト研究家・山口敏太郎氏が宇宙人、UFO、その他のミステリー情報を 合理的、科学的、実証的、ジャーナリスティックに検証する

 

(やまぐち・びんたろう)

1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。作家、妖怪研究家、漫画原作者。(株)山口敏太郎タートルカンパニー代表取締役。日本通運でIT担当や営業に携わり、作家に転身。1996年、学研「ムー」のミステリーコンテストで論考「妖怪進化論」が優秀賞受賞。著書は『現代日本のテレビでは放送できない話』(彩図社)、『山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界』 (河出書房新社)など多数。TV、ラジオ出演のほか、多数のネットニュースに寄稿。真言宗信徒。メルマガ「山口敏太郎のサイバーアトランティア~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中。 http://foomii.com/00015

 

 

ローマ法王ベネディクト16世

 最近バチカンが何かと騒がしい。ローマ法王がツイッターを始めたり、そのアカウントに日本人らしき?人物が殺害予告をするなど話題に事欠かない。

 あまり知られていないが、バチカンは宇宙人を国家レベルで認めている。それは2008年11月14日に、ローマ法王ベネディクト16世が行った声明まで遡る。

「神はアダムとイブと共に、地球外生命体を創造された」とカミングアウトしたのだ。これは宇宙人の存在を黙殺してきたキリスト教が、公式にその存在を認めた瞬間であった。さらに「この宇宙には無数の銀河系と惑星群があり、地球外生命体が存在しないと断定することは不可能である」とまで付け加えている。

 また、バチカン上空には何度もUFOが飛来している。05年4月2日の夕暮れ時、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世崩御の直後、バチカン上空に出現したUFOが撮影された。最近では10年の6月6日午前4時頃(現地時間)、バチカン上空にUFOが出現しており、その映像がメディアで報じられた。

 

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年3月号記事  山口敏太郎  UFO  ローマ法王  ベネディクト16世  メキシコ  葉巻型  ガーゴイル  ミイラ  ビュガラッシュ山  

Menu

Language