出でよ!21世紀の「エジソン」

出でよ!21世紀の「エジソン」

2008年8月号記事

 

特集 北海道サミットは世界を救えるか!?

第2部

出でよ!21世紀の「エジソン」  ──次世代エネルギー 開発最前線

 

現代の科学技術はまだまだ未熟

 

  19世紀後半から20世紀前半は、発電機や送電システムなど基本的な電気技術や、電球、オーディオ(蓄音機)、電話など家電機器の黎明期。発明王エジソンは、そのほとんどすべての発明・改良に関わり、世界の夜を明るく照らし、人類の生活を便利で豊かなものに変えた。

  時期を同じくして石油の機械掘りが可能となった。内燃機関(ガソリンエンジン)の発明・開発が続き、石油と電気の時代が訪れたが、この文明の基盤は21世紀に入った今も大きな変化はない。

  しかし、その石油と電気の使用が、地球温暖化問題を引き起こしてしまった。

  こうした経緯から、温暖化問題が語られる際には、科学技術の発展を「罪悪視」するような論調もある。そういう見方をエジソンなら何と言うだろうか。

 「我々はこの世界に存在するものの真のパワーをまったくと言っていいほど理解していない。我々が知っているつもりのことでも、本当は1%の1000分の1も分かっていないのである」

  これはエジソンの生前の言葉だ。エジソンは1300もの発明をしたとされるが、アイデアや構想段階の技術や機器はその何百倍もあり、大学ノートサイズで500万ページ分が残されている。その中には、今ようやく実用化が始まった自動翻訳機や、「どこでもドア」のように物質を移動させるテレポーテーション技術なども含まれている。

  エジソンの言うように、人類はこの世界の力の1%の1000分の1も解明していないし、利用できてもいないのかもしれない。

  とするならば、温暖化問題についても「現代の科学技術は非常に未熟で、まだまだ発展する余地がある」と考えなければならないだろう。この視点から、技術革新によるブレークスルーに必要なマインドと、次世代エネルギーとなる可能性のある技術について考えてみたい。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 特集  北海道サミットは世界を救えるか!?  日米欧エコ・ウォーズの行方  出でよ!21世紀の「エジソン」  次世代エネルギー  開発最前線  

Menu

Language