中国は「毛沢東」と「核」で読み解け - 平松茂雄氏インタビュー

中国は「毛沢東」と「核」で読み解け - 平松茂雄氏インタビュー

 

2013年2月号記事

 

中国は「毛沢東」と「核」で読み解け

『実践・私の中国分析』著者

中国軍事専門家・平松茂雄氏インタビュー

 

中国軍事専門家

平松 茂雄

(ひらまつ・しげお)
1936年生まれ。慶應大学大学院修了後、防衛庁防衛研究所勤務。同研究室長、杏林大学教授を歴任。専門は現代中国の軍事・外交。著書は『日本は中国の属国になる』(海竜社)など多数。

 

 

実践・私の中国分析―「毛沢東」と「核」で読み解く国家戦略

実践・私の中国分析

平松 茂雄著

──新刊のサブタイトルに「『毛沢東』と『核』で読み解く国家戦略」とありますが、中国を見るポイントとして、なぜ毛沢東や核が大切なのでしょうか?

平松 日本では毛沢東の評価があまりにも低すぎます。毛沢東のやったことが正しく認識されているとは言えません。核についても、すぐに「広島・長崎」に思考が向いてしまいます。

 左翼の人がそう言うならまだ分かります。しかし、肝心の保守系の人たちもそうです。核武装と言うと口をつぐんでしまう。何か核兵器に対する誤解があるのでしょう。「核がいけない」と言いたい気持ちは分かりますが、だからといって中国が核兵器を開発し、保有している現実は変わりません。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年2月号記事  平松茂雄  インタビュー  中国  毛沢東    

Menu

Language