不毛な活断層探しは「無能」な地震学者らの責任逃れ - Newsダイジェスト

不毛な活断層探しは「無能」な地震学者らの責任逃れ -  Newsダイジェスト

敦賀原発の断層を調査する原子力規制委員会の調査団。写真:時事

 

2012年2月号記事

 

 

地震予知は役立たず

 原発の敷地内に活断層が存在する恐れがあるとして、原子力規制委員会が6つの原発を調査中だ。敦賀原発(福井県)は活断層があると判断され、廃炉の可能性がある。また東通原発(青森県)でも活断層が存在する可能性が濃厚になっている。

 だが2005年の福岡沖地震や07年の新潟県中越沖地震など、大地震は活断層と関係ない場所で起きており、逆に地震後に新たな断層が見つかることも多い。活断層から地震の可能性を論じる地震学は役に立っていない。

 大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁は12月13日、横浜市内での街頭演説で「断層ができたということは、これから動くということじゃないんです。断層というのは、どこにでもできるんです」と述べている。

 断層は地層のずれで生まれるもので、地震の原因というよりむしろ結果として生じるものではないか。ずれた地層は再び動く恐れがあると言っても、可能性を議論するのは不毛な話だ。

 実際に、地震予知計画が日本で始まって以来、予知に成功したケースはない。東日本大震災も阪神大震災も、ほとんどノーマークだった場所で起きている。

 予知に失敗し続けてきた地震学は、起きるか分からない地震の危険性をことさらに煽り、予想を外した時の逃げ道をつくっている。その言い逃れに利用されているのが活断層なのだ。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年2月号記事  脱原発  活断層  敦賀原発  地震  地震予知  

Menu

Language