Happy Science News The - Liberty 2013年2月号

Happy Science News The - Liberty 2013年2月号

 

2013年2月号記事

 

Happy  Science News

ハッピー・サイエンス・ニュースでは、毎月幸福の科学グループの情報をお届けします。

 

 

日本語スピーチコンテストに在日外国人信者が参加

幸福の科学大学 (仮称)留学希望者もスピーチ (2015年開学予定 現在構想中)

優勝したダルメンドラ・クマルさん

幸福の科学大学への留学を希望するマリエル・ウォングさん

 幸福の科学の外国人信者が日本語で自らの信仰体験を話す「2012 Happy Science 日本語スピーチコンテスト」が11月、東京・港区にある教団施設「東京正心館」で開催された。

 同大会では予選を勝ち抜いた日本在住の外国人信者計8人が、「エル・カンターレ信仰」との出会いや夢などを日本語で語った。

 優勝したインドのダルメンドラ・クマルさん(28歳)は、「私の使命」というテーマでスピーチ。就職のために来日したが、2010年の大川隆法・幸福の科学総裁の未来社会に関する説法に感動して入信。教えを学ぶうちに起業を志すようになったといい、こう語った。

「将来、自分の会社を設立し、インドと日本をつなぐ仕事をしたい。その仕事の中で主の教えを広げ、両国の人々を幸せにし、インドも発展させたい」

 会場の聴衆200人は、スピーカーたちの純粋な思いに涙を流し、大きな拍手を送った。

 第二部では、15年に開学予定の「幸福の科学大学(仮称)」への留学を希望する海外信者4人がスピーチした。

 アメリカのマリエル・ウォングさん(18歳)は、「イラストレーターとして希望や愛を伝える作品を作りたい。幸福の科学大学の人間幸福学部で、人間の幸福について勉強したい」と語った。

 幸福の科学大学の村田堅信学長(就任予定)は「彼らの情熱に胸を打たれた。大学開学の時にはぜひ来ていただき、母国や世界のリーダーになっていただきたい」と期待を寄せた。

※コンテストの詳細は、幸福の科学公式サイトと、体験談投稿サイト「voicee (ボイシー) 」で紹介されています

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年2月号記事  幸福の科学大学  留学生  スピーチ  イラン  ウガンダ  タイ  チャリティ  

Menu

Language