幸福実現党の小選挙区候補者 各地で公開討論会参加などの活動

 

幸福実現党(立木秀学党首)は1日、東京ブロック比例代表、東京1区(伊藤希望氏)、東京5区(曽我周作氏)の後援会事務所開きを行った。次期衆院選に向けて、各地で立候補予定者の動きが盛んになっている。

 

23日付本欄に続き、各地の同党の小選挙区候補者の動きを紹介する。

 

【北海道】

森山佳則氏(45歳)は11月22日に記者会見し、北海道5区から立候補することを発表した(11月23日付朝日新聞、読売新聞)。25日は事務所開きの後、街頭演説で「泊原発の再稼働は絶対に必要。また、ロシアの極東開発を支援し、北方四島返還を実現する」と訴えた。

 

【宮城】

村上善昭氏(40歳)は27日に宮城県庁で記者会見を行い、宮城4区から出馬すると表明(11月28日付河北新報)。村上氏は28日に塩釜市で行われた公開討論会(主催・塩釜青年会議所)に出席し、TPP交渉について「交渉への参加に賛成。宮城のコメは国際競争力があると思う。チャンスと捉えるべきだ」と話した(29日付河北新報)。

 

【長野】

味岡淳二氏(53歳)は22日、長野2区から立候補することを表明。地方紙・市民タイムス29日掲載の横顔取材では、政治家を目指したきっかけとして、2008年から1年間アメリカに赴任した経験を挙げており、「外交問題などで日本人が『平和ボケ』をしていると危機意識を持ち、それとともに日本の発展の可能性を感じた」と話している。

 

【埼玉】

院田浩利氏(45歳)は26日、埼玉県庁で記者会見し、埼玉6区から出馬すると表明した。院田氏は、2009年から続けている毎早朝の辻立ちのほか、支持者挨拶に奔走する。

 

【千葉】

古川裕三氏(30歳)は、千葉13区から出馬。地元出身であることを生かし、支持者周りや個別訪問、集会での挨拶を行っている。

 

【岐阜】

野原典子氏(56歳)が岐阜1区から、加納有輝彦氏(52歳)は岐阜5区からの出馬を表明。野原氏は29日、岐阜産業会館で開かれた公開討論会(主催・日本青年会議所東海地区岐阜ブロック協議会)に参加し、「未来産業と交通産業に100兆円ずつ投入したい」などと主張した(30日付岐阜新聞)。

加納氏は同日多治見市産業文化センターでの公開討論会(主催・同)に参加し、「消費税増税は中小企業の倒産を引き起こすことにもなり、反対だ。個人が明るいビジョンを持つように、国家も明るいビジョンを持つことが大事」と話した。

 

【大阪】

豊田隆久氏(40歳)は26日に記者会見を行い、大阪19区から出馬することを表明。豊田氏は、大阪都心部と関西空港を結ぶ「リニア新幹線」の実現などを掲げる(27日付読売新聞)。

 

【岡山】

岡山1区の安原園枝氏(50歳)は30日記者会見を行い、出馬を表明。また、安原氏は同日、全国防衛協会連合会の岡山県組織である岡山県防衛協会から推薦を受けた。全国防衛協会は、防衛意識の普及と自衛隊の育成発展に協力する団体。安原氏が昨年開催した国防関係の講演会がきっかけで今回の推薦に至ったという。

 

【鹿児島】

松澤力氏(30歳)は22日に記者会見を行い、鹿児島3区から出馬すると表明。27日には事務所開きを行い、「原発再稼働は、電力の安定供給と電気料金値上げの問題を解決するため必要。国防の観点でも核の抑止力の一つになる」と述べている(28日付南日本新聞)。松澤氏は、10月の衆院選補欠選挙でも鹿児島3区から出馬した。

 

各小選挙区で、候補者はどれだけの人々の心を掴めるか。公示まであとわずかだ。(晴)

 

【関連記事】

2012年11月23日付本欄 衆院選 幸福実現党の小選挙区候補予定が各地で続々と名乗り

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5168 

 

2012年衆院選「救国」政党はどこか? 自民、民主、幸福実現? 幸福実現党特設ページ

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5141

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language