「ミキティ」大門未来、野田ドジョウ首相を追い詰める

「ミキティ」大門未来、野田ドジョウ首相を追い詰める

 

公開霊言対談抜粋レポート

「『世界皇帝を倒す女』―ミキティが野田首相守護霊に挑む―」

2012年11月14日収録

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 野田佳彦首相は11月14日、安倍晋三・自民党総裁との党首討論の中で「16日に衆院解散」を明言した。その党首討論のわずか数時間前、幸福の科学総合本部において大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が野田首相の守護霊を招霊し、愛称「ミキティ」こと大門未来・幸福実現党財務局長との対談を行った。野田氏守護霊は、仇名の「ドジョウ宰相」の通り、のらりくらりと本心を明かさずに政治を乗り切っていくことが自分の特徴であることを強調。「寝技師」として民主党内をも撹乱し、生き延びようとするその手法を包み隠さず明らかにした。

 本霊言対談は、11月20日から全国の幸福の科学の支部・精舎、拠点で拝聴会を開催中。同24日から全国書店で発売する。その一部を紹介する。

 

 

幸福実現党 財務局長 (当時)

大門 未来

(おおかど・みき)1985年生まれ。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業、JPモルガン・アセット・マネジメント(株)勤務を経て、宗教法人幸福の科学に奉職。理事長などを歴任し、現職。

 

 

「みんなが知ってるから、密約じゃないよ」

大川隆法総裁 ミキティこと大門未来さんは、「世界皇帝を倒す女」と私が名付けました。「世界皇帝を目指す男」というのは、習近平氏のことです。次の中国主席になりますが、さすがに怖い男だと思います。それに対する「幸福実現党の秘密兵器」がミキティこと、大門未来さんです。「中国など、何ほどのものか」と思っているかもしれません。

  幸福の科学は創立27年目に入りましたけれども、その歴史の中で、女性で理事長を経験した人は、彼女一人しかいません。しかも25歳で理事長を1回目経験して、そのあともう1回、計2期務めていますので、ポテンシャルとしてはかなり高いと思うのです。

 ですから、世界皇帝を倒す前に、今、もう少しで"昇天"しそうな首相がいらっしゃいますので、まずは、このあたりを練習相手として、一回対決してみてはどうかと考えています。

 

(野田首相守護霊を招霊)

 

野田首相守護霊(以下、野田) なんか、怖いねえ。あんた、何となく怖い感じがする。

大門未来(以下、大門) 私は怖くありません(会場笑)。間違っていることに対しては、怖くなりますけれども。

野田 うーん、本人はもう、今、ほとんど語りませんからね。守護霊だけが雄弁に語ります。

大門 9月18日、幸福実現党の党員で、現在、都知事選に立候補を表明しているトクマという者が、日本の民間の漁船に乗って、尖閣諸島に上陸しました。なぜ、自分の国に足を運んで、慰霊碑のお掃除をして、鎮魂歌を歌っただけで、書類送検されなければいけないのでしょうか。一方、香港の活動家が尖閣諸島に乗り込んできたときには、ビジネスクラスで送り返しました。この二つの対応の違いについて、日本政府としては、どのように考えているのでしょうか。

野田 結論は簡単じゃないか。「日本は法治国家であり、中国は法治国家でない」と。まあ、それだけのことだ。

大門 「中国は今、日本の各主要都市に照準を合わせた核ミサイルを、百数十基も配備している」と言われていますが、そういう国難の中で、中国に対して毅然とした態度が取れないのは、日本のリーダーとしては失格ではないでしょうか。

野田 いや、(毅然とした態度を)取ってるよ! 民主党の3人の首相の中で、私がいちばん毅然としてるじゃないですか。これは間違いない!

大門 尖閣諸島の問題にしても、竹島問題にしても、「遺憾である」としか言えない政治家は、本当に腰抜けで、情けないと思います。

野田 「腰抜け」と言われたら、いくら"ドジョウ"でも立ち上がるよ。うーん、君ねえ、日本には柔道っていうものがあるんだ。ただ相手を投げ飛ばすだけが、技じゃないんだよ。相手がかけてくる技を受けて、返し技を打ったり、寝技に持ち込んだり、絞め落としたり、いろいろ技があるんだよ。

 まず、私は国内政局も抱えておるから、尖閣問題では、まず、中国を利用して、石原慎太郎を葬ったんだよ。おやっさん、とうとう、都知事を放り出して、出てきた。あれは、尖閣所有問題で、首相に負けたからなんだよ。もう悔しくて、飛び出してきたでしょ? このおっさんは、これで終わりだからね。こういう、「敵の力を利用して、なかの害を除く」という技を一つ使ってるわけで、私が腕がそんなに立たないと思ったら、大間違いだよ。

大門 尖閣諸島を国有化するに当たっては、「中国と密約を交わした」と。「民主党政権は、中国政府に対して、『尖閣諸島を国有化することで、そこに船だまりや新しい灯台は建設しない』ということを密約している」との情報を聞いています。

野田 密約なんかないよ。みんな知ってるから、密約じゃない(笑)。石原は「つくりたい」って言ってるんだろ? 俺は「つくらない」と言ってるけど、俺の任期はもう、そんなに長くはないからさ。俺が「つくらない」と言っているだけで、俺じゃない人がつくるかもしれないよな。

 

 

「米軍に被害を出させるように引っ掛ける」

大門 中国が1982年に、第一列島線、第二列島線を設定し、「2020年までに第二列島線までの制海権を確保する」という計画を立てています。それだけでなく、「2021年に中国共産党が百周年を迎えるときまでに、台湾を併合する」ということも打ち出しているのです。現実的な脅威が迫っているなか、政治的な駆け引きだけで、本当に、日本の国民の生命と財産を守ることができるのでしょうか。

野田 あのねえ、尖閣は、人が住んでないから、日本国民の命は失われないんだよ。だから、向こうに上陸させるの。上陸されたら、こちらが攻撃しても構わないから。まず、漁民が上陸して、「日本は何もしない」と思って安心したら、次は向こうの軍が上陸してくるから、そうなったら、アメリカと共同戦線を組んで、防衛をやってもいいわけです。正当防衛なのでね、これで、追い出しをかけるつもりでいます。

大門 オバマ大統領が再選されましたが、オバマ大統領の基本的な方針は、国内の問題に終始しています。しかも、財政赤字が厳しいため、毎年、軍事費をどんどん毎年減らしていこうとしています。今までのように、「アメリカが日本を守ってくれると」思っていると、たいへん危険なことになります。やはり、日本は独自の防衛力を持つべきだと私たちは考えているのです。

野田 実際はねえ、そんなに甘いもんじゃないんだよ。今、米軍の司令官からCIAの長官まで含んだスキャンダルが今、始まっているが、あれは、アメリカで起きていると思ったら大間違いで、仕掛けているのは中国なんだよ。私はもう、「中国が仕掛けている」という情報をつかんでるからね。

 オバマさん対習近平じゃなあ。習近平はこれから10年やるので、オバマさんは、やっぱり勝てないよね。ま、「アメリカは、尖閣ぐらい何とも思ってない」っていうのは、本当にそうだろうと思う。

 だから、こっちも寝技をかけなければ駄目なので。日本人だけの被害では動かないと思うので、米軍に何らかの被害を出させるように、うまいこと引っ掛けようと思っています。そうしたら、動きます。

大門 「自分の国は自分で守る」というのが、主権国家としてのあり方です。そういう態度は、本当に恥ずかしいと思います。

野田 いやあ、あんたきついよ。おじさんを差別すると、あと怖いよ。

大門 いや、おじさんは好きですけれども。野田さんの考え方が間違っていると思うので、きつい言い方になってしまうわけです。

 

 

「大臣経験者で暴力団とつながりがない人はいない」

大門 以前、暴力団とのつながりがあった田中慶秋氏を元法務大臣に任命されたり、田中真紀子文部科学大臣のような、無茶苦茶なやり方をなさる人を、どういう思いで要職に就けているのか、お聴かせいただければと思います。

野田 少なくとも、法務関係や警察関係、司法関係の者たちは、よし悪しはともかくとして、暴力団との何らかの交渉窓口はみんな持っているものなんだ。それを持ってないと抑えられないからね。だから、いろんろなところで闇の部分にも精通した人も使わなきゃいけないときもあるわけなんですね。

大門 それでは、もともと「暴力団と縁があった」ということを承知の上で、彼を任命されたわけですか。

野田 政治家には、みんなあります。大臣経験者で、暴力団関係とつながりがない人なんか一人もいません。

大門 野田首相も、おありになるんでしょうか。

野田 ええ。暴力団も票を持ってますからね。一人一票なんですよ。実は自民党なんか、もっと深い関係にあるんです。あなたがたは「都市の開発をしたい」とか、「リニアを引く」とか言ってるけども、土地を買収する際、いかに個人が抵抗するかは、ものすごいものがある。これには法律に則っただけでは解決できない部分があるんですよ。だから、地上げ屋っていうのがそこに存在する。これも暴力団が必ず絡んでいる。六本木ヒルズだって、地上げ屋を使わなきゃ建たないんだよ(机を叩く)。

 大物の政治家になれば、必ずルートは持っている。みんな、公表はしないけども、「見つかったのは、運が悪かったかな」というぐらいの感想であることは事実だよ。

大門 今のお話を聞いて、今の若者が知ったら、ますます政治不信が募り、日本の政治に対して「あきらめ」というか、もう本当に泣けてくると思います。

 

 

「本心を明かせば、私は核武装論者なんだ」

司会 民主党のいろいろな政策を見ていると、「脱原発」等では、微妙に、幸福の科学や幸福実現党の影響を受けているのではないかと思います。

野田 あれについては、多少、感謝している。首相官邸前を占拠されて、「脱原発が国民の総意です」みたいなところに、ほとんどもっていかれかけたときに、あんたがたが現われて、旗指物持って、「私は、福島県出身で、原発推進です。日本は資源がありません!」って言うような人が出てきてくれたじゃないか。ああいうのは助かるわなあ。(脱原発が)国民の総意でないということは、少なくとも証明できたわな。

 彼らは、安保闘争みたいなもの、もう一回起こそうとしていたし、6月ごろには「あじさい革命」といって、エジプトあたりから始まった一連の流れみたいなものをやろうとしている雰囲気まで来てたけど、君らが(原発推進を)やってくれたお蔭で、かなり弱まった。私も、その力を利用して、優柔不断にぐらついて見せることができ、ちょっと時間を稼げた。これについては感謝してるから、君らを完全に敵視してるわけではない。

大門 私たち幸福実現党としては、日本経済をさらに発展させるためにも、原発によるエネルギーを高めていかなければいけないと思っております。野田首相はどうお考えでしょうか。

野田 うーん。これは難しいんだよね。マスコミは、原発に関しては「左」のほうに7、8割ぐらいは行ってるから、政局を乗り切るためには、このへんを全部敵には回したくはないところはある。

大門 原発は、潜在的に、中国に対する「核の抑止力」にもなりますので、原発は絶対に減らしてはいけないと思っております。

野田 いやいや、よく分かりました。まあ守護霊だから、本人じゃないし、言っちゃうけれども、野田ドジョウ総理の本心を明かせば、私は「核武装論者」なんです。日本を核武装して、中国に対抗できるようにしたいとは思ってます。ただ、民主党の中で、それを強硬に主張して政権が取れるほど甘くはない。左に寄ってる人が7割ぐらいは付いてるかもしれないのでね。

 

 

「TPPは自民党がやりたくてもできない政策」

司会 TPPの問題については、どういう問題意識をお持ちでしょうか。

野田 私の判断を見れば、君らと同じところをきちんと見てることは分かってるとは思うけどね。TPPは本来、自民党がやりたくてもできない政策なんだよ。あれは自民党がやらなきゃならないものだけども、自民党は農家とか漁村とか、田舎の地域にすごい地盤を持ってるから、やりたいけど、ほんとはやりにくい。

 自民党には卑怯なところがあって、自分らがやりにくいことは、民主党にやらそうとする。消費税増税法案も、ほんとは自民党がずっとやりたかったけど、それをやると支持率が急降下して選挙に負けるので、できなかった。それを民主党政権にして、やっちゃったよね。嫌なことを全部、民主党でやらせといて、崩壊させたあとで政権を取ろうとしてるんだろうから、棚ぼたを狙ってるのが今の自民党のやり方だね。

 TPPも、現実は反対運動はいっぱい出るだろうと思いますけれども、あんたがたが言ってる通り、「対中国包囲網」の意識は、私も持ってますよ。TPPやったら、中国が完全に孤立するんですよ。

大門 本音で語れない政治家というのは、やっていて、すごくおつらいのではないかと思います。

野田 本心を言えば、安倍総裁よりも、私のほうがタカ派です。あんなボンボンとは違うんです。私の方が、もっとタカ派なんです。だけれども、「民主党の中を泳ぎ渡って、総理まで辿り着いた」ということだって、よっぽどうまいこと泳がないかぎり、ここまでは来れてないのでね。

大門 私たちは、国防の大事さ、「自分の国は自分で守る」という、主権国家としての当たり前の姿を、国民のみなさまにもご理解いただけるように、努力して選挙戦を戦ってまいりたいと思います。野田首相のように、ドジョウのごとく立ち回って、政治生命を考えたりとか、自己保身に走ったりすることは、まったくありません。

野田 いや、君らに先見性があるところは、俺も認めるよ。それと、仕事がすっごいスピーディで、早く物事が動く。ただ、先見性がありすぎるところや、早く動きすぎるために、一般の人たちに目に留まらないところがある。写真を撮ろうと構えてても撮れないんだよ。

 だけど、逆に俺の特徴は、冴えないように見えながら、忍耐力があり、ジーッと我慢してるうちに勝機を見いだし、そこから仕事をしていく。これが政治家なのよ。

 

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。
詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か
 

 

ここに紹介したのは、本対談のごく一部です。詳しくは幸福の科学の施設で、ぜひご覧ください(下記参照)。

幸福の科学に関するお問い合わせは

Tel:03-5793-1727 : 火~金/10:00~20:00 土日/10:00~18:00

Fax:03-5793-1713 : (24時間受付)

公式HP : www.happy-science.jpまで。

 

【関連記事】

幸福実現党 財務局長 大門未来の未来思考- 第一回

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=5043

タグ: 大門未来  野田佳彦  ミキティ  幸福実現党  密約  核武装  

Menu

Language