オバマ再選のアメリカは東アジアから引き揚げる? - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

オバマ再選のアメリカは東アジアから引き揚げる? - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

 

2013年1月号記事

 

ワシントン発
バランス・オブ・パワーで読み解く
伊藤貫のワールド・ウォッチ

 

(いとう・かん)

国際政治アナリスト。1953年生まれ。東京大学経済学部卒。米コーネル大学でアメリカ政治史・国際関係論を学び、ビジネス・コンサルティング会社で国際政治・金融アナリストとして勤務。著書は『中国の核戦力に日本は屈服する』(小学館)、『自滅するアメリカ帝国』(文春新書)など。

 

国際政治はバランス・オブ・パワー(勢力均衡)から逃れることはできない。アメリカの退潮、中国の台頭、北朝鮮の核武装──。日本の置かれた立場は確実に不利に傾いている。日本が主体的にパワー・バランスをつくり出すために、国際情勢をどう読み解けばいいのか。

 

第8回

オバマ再選のアメリカは東アジアから引き揚げる?

 

──オバマ米大統領が再選されました。アメリカ外交に、何か変化が起きるでしょうか。 当面、大きな変化はないと見られています。アメリカは現在、財政問題で非常に苦しい状態にあるため、外交政策で大胆な変革を行う余力はないでしょう。

 ただ「現在のアメリカのグランド・ストラテジー(基礎的な国家戦略)は根本的に失敗している。大幅に変更する必要がある」と指摘する戦略家もいます。マイケル・J・マザールという米国防大学の戦略学者です。彼は昨年、米軍の統合参謀会議議長の特別補佐官を務めていました。彼が最近発表した「アメリカの世界政策は、戦略的破産の状態となる」という論文がワシントンで話題になりました(注)。

 

(注)Michael J. Mazarr, “The Risks of Ignoring Strategic Insolvency,” The Washington Quarterly, Fall 2012

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2013年1月号記事  伊藤貫  オバマ  再選  アメリカ外交  マイケル・J・マザール  中国空軍  殲11  安全保障  国益  グランド・ストラテジー  戦略的破産  

Menu

Language