iPS細胞で脳死臓器移植を不要に 山中教授がノーベル賞を受賞 - Newsダイジェスト

iPS細胞で脳死臓器移植を不要に 山中教授がノーベル賞を受賞 - Newsダイジェスト

「来週からは現役の研究者として、気持ちを切り替えて現場に戻りたい」。10月9日、受賞から一夜明けて会見を行う山中教授。写真:AP/ アフロ

 

2012年12月号記事

 

 自分の細胞を使って臓器を再生する――そんな夢の医療の実現が近づいている。

 2012年のノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥・京都大学教授は、体のあらゆる組織に成長しうる万能細胞の一種である人工多能性幹細胞(iPS細胞)を世界で初めて皮膚から作成した。現在、世界中でiPS細胞を用いた医療の実用化に向けた研究が進んでいる。

 受賞後の記者会見で山中教授は、研究への協力に感謝の言葉を述べ、「安全性の課題を克服し、患者の役に立ちたい」と、今後の抱負を語った。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年12月号記事  iPS細胞  山中伸弥  ノーベル医学・生理学賞  細胞  

Menu

Language