円高になるほど輸出が増える日本経済の現実

円高になるほど輸出が増える日本経済の現実

 

6年半ぶりの円売り介入

9月15日、ついに政府・日銀が6年半ぶりとなる円売り・ドル買い介入に踏み切った。

野田佳彦財務相は、介入後の記者会見で「必要なときには介入も含めて断固たる措置を取っていきたい」と表明、ようやく円高阻止に向けた"本気"の姿勢を見せることになった。

きっかけとなったのは、前日に行われた民主党の代表選。介入に消極的と見られた菅直人首相が再選されたことを受けて円相場が急伸し、約15年ぶりとなる1ドル=82円台に突入したことを受けての措置だった。

通常、為替介入を行う場合は、市場に投入された円資金の一部を回収する「不胎化」を行う。しかし、今回は回収せずに放置するという「非不胎化政策」を採用し、事実上の金融緩和策となった。加えて1日当たりでは過去最大規模となる2兆円近い介入とあって、市場は敏感に反応。15日の日経平均株価は270円以上も上げ、一時9500円台を回復した。円相場も一気に85円まで戻った。

とはいえ、主な輸出企業の想定為替レートは90円程度と見られるため、経済界ではさらなる介入を期待する声も多い。

しかし、今回は米欧の協調介入は得られず、日本単独の介入になったため、その効果は限定的と見られる。急激な円高を緩和することはできても、円高トレンド自体を変えることは困難だろう。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 円高  輸出  日本  経済  政府  日銀  売り  ドル  買い  為替  介入    相場  市場  日経  株価  経済    

Menu

Language