日本の出産費用は高すぎる?

日本の出産費用は高すぎる?

2008年1月号記事

 

PART1 アメリカ

保険の有る無しで天国と地獄──

映画「シッコ」が描く行き過ぎた市場原理の医療

 

「こんな橋の上で生まれたら、どうしよう」

 

アカネさん(当時33歳・仮名)は何度目かの陣痛に襲われながら、そう不安になった。

彼女を後部座席に乗せて夫が運転するフォードは、朝の通勤で渋滞するジョージ・ワシントンブリッジの上にいた。橋を渡った向こうはニューヨークのマンハッタン。今から4年前のことである。

夫の赴任に伴って前年アメリカに来たときは、現地で3人目を産むことになるとは思わなかった。夫が「アメリカ生まれでアメリカ国籍の子供がほしい」なんて言い出すから……。やがて着いたのはブロンクス地区にある低所得者用の病院。治安が悪いので、普通の日本人なら昼間でも近寄らない地区だ。

「スタッフも産みにくる人も、全部黒人。あそこで産んだ日本人は私だけかも」

実際そこでの出産は、日本のお産と相当違っていた──。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 日本の出産費用は高すぎる?  アメリカ  イギリス  フランス  フリーバース  

Menu

Language