維新の先駆者橋本左内が尖閣・竹島問題を斬る

維新の先駆者橋本左内が尖閣・竹島問題を斬る

公開霊言抜粋レポート

尖閣・竹島を維新の先駆者はどう見るか

幕末の天才児・橋本左内

現代日本へ檄「稚心を去れ」

橋本左内の霊言 収録日 2012年8月28日

 

「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行う者の言語中枢から、必要な言葉を選び出し、日本語で語ることも可能である。 詳しくは⇒⇒⇒大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」とは何か

 

 

 15歳にして『啓発録』を著し、その中で「稚心を去る」と説いて明治維新に大きな影響を与えた橋本左内。福井藩に生まれ、藩主・松平春獄の側近として腕を振るい、吉田松陰らと同じ時期に26歳の若さで安政の大獄で斬首された。蘭学、西洋医学などの実学に通じ、オランダ語、ドイツ語、英語を読解して内外の政情を把握していたという。明治維新後の日本がとった「富国強兵」「開国通商」は左内の提唱していたことそのものだった。

 先見性あふれる橋本左内霊が、現代日本について思うところを語った。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 霊言  橋本左内  幕末  啓発録  稚心  竹島  尖閣  マスコミ  憲法  

Menu

Language