「ジャパニズム」で釈量子氏をモデルにしたマンガ連載開始!

 

釈量子・幸福実現党青年局長(兼)女性局長をモデルにした漫画「かってにモージョ相談処」(監修・幸福実現党)が、「ジャパニズム」で連載を開始する。初回は、10日発売の「ジャパニズム08」だ。

 

「ジャパニズム」は、主に若い世代をターゲットとする保守系雑誌で、新しいサブカルチュア・コンサバティブ雑誌の路線の開拓を目指しているらしい。

 

漫画は、ブックカフェ「HAPPY SCIENCE GINZA」が舞台。

「ユーロ危機」に関するニュースを見て、ヨーロッパでのサッカーを夢見ている少年。そこに釈量子局長が登場し、サッカーの話をしたい少年をよそに、EUの金融問題について熱く語る。

釈局長は

「自助努力の精神を失ったことがEU衰退の原因なのですっ!!」

「欧州連合の各国は自立すべきなのですッ!!」

と主張し、終始ちんぷんかんぷんな様子の少年に対して、

「モージョ―――ッ!!」と、自立パワーを注入して、少年に腹をくくって自立させる、というお話。

実名で漫画のモデルとなった釈量子青年局長(兼)女性局長は、

「EUの金融問題に関しては、ザ・リバティ9月号の大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の未来への羅針盤、「EU金融危機の根本原因」をもとに作成しました。ついに二次元キャラクターも登場したので、『国民がどうしたら幸福になるのか』を真剣に考えている幸福実現党を若者たちに知ってほしいですね」と訴えている。

 

今、日本の政局が揺れているが、民主党・自民党に、これ以上日本の政治を任せてはおけない。日本という国家を自立させるためにも、「自立パワー」を注入することができる、モージョ(猛女)の政界登場が今こそ求められているのではないか。(飯)

 

参考記事

2012年9月号記事 EU金融危機の根本原因

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=4627

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language