「神の粒子」ヒッグス粒子を発見 霊界科学への扉が開かれようとしている - Newsダイジェスト

「神の粒子」ヒッグス粒子を発見 霊界科学への扉が開かれようとしている - Newsダイジェスト

国際研究グループ「アトラス」のファビオラ・ジャノッティ実験代表を祝福する、
提唱者のピーター・ヒッグス博士(右)写真:AFP =時事

 

2012年9月号記事

 

幸福の科学はなぜ真の「科学」なのか? 参照

 

 欧州合同原子核研究機関(CERN、スイス)が7月4日、「ヒッグス粒子(Higgs boson)と見られる新粒子を発見した」と発表。「素粒子物理学の最大の問題が解けた」と、全世界の物理学者が歓喜した。

 ヒッグス粒子は、現代物理学の「標準理論」で考えられた17種の粒子のうち、未発見だった最後の一つで、他の粒子に質量を与える働きをしている。ビッグバン直後に発生し、それまで光速に近い速度で飛び回っていた重さのない粒子に質量を持たせた。こうして物質ができ、星や生命が生まれた、と物理学では説明されている。そのため、ヒッグス粒子は「神の粒子」とも呼ばれている。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年9月号記事  ヒッグス粒子  神の粒子  CERN  大川隆法  釈迦の本心  霊子  幸福の科学  

Menu

Language