プーチンは17~19世紀の勢力拡大外交を展開している - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

プーチンは17~19世紀の勢力拡大外交を展開している - 伊藤貫のワールド・ウォッチ

 

2012年9月号記事

 

ワシントン発
バランス・オブ・パワーで読み解く
伊藤貫のワールド・ウォッチ

 

(いとう・かん)

国際政治アナリスト。1953年生まれ。東京大学経済学部卒。米コーネル大学でアメリカ政治史・国際関係論を学び、ビジネス・コンサルティング会社で国際政治・金融アナリストとして勤務。著書は『中国の核戦力に日本は屈服する』(小学館)、『自滅するアメリカ帝国』(文春新書)など。

 

国際政治はバランス・オブ・パワー(勢力均衡)から逃れることはできない。アメリカの退潮、中国の台頭、北朝鮮の核武装──。日本の置かれた立場は確実に不利に傾いている。日本が主体的にパワー・バランスをつくり出すために、国際情勢をどう読み解けばいいのか。

 

第5回

プーチンは17~19世紀の勢力拡大外交を展開している

 

──メドベージェフ首相がまた北方領土を訪問し、「ここはロシアの領土だ。一寸たりとも日本に渡さない」と断言しました。

 この問題は、ビッグ・ピクチャー(大きな視野)から分析するのがふさわしい。「メドベージェフ首相とプーチン大統領と、どっちが反日的か」という小さな問題を議論しても意味がないのです。

 20年前、アメリカの外交論壇では、「冷戦後の国際構造は、アメリカ中心の一極構造になるか、18~19世紀のような多極構造に戻るのか」という議論が盛んでした。「一極構造になる」と主張したのがハーバード大のジョセフ・ナイや『歴史の終わり』のフランシス・フクヤマ、元国務長官のオルブライトやライス等です。米国務省、国防総省も「一極主義」の立場を採りました。

 これに対して「国際構造の多極化は不可避である。21世紀の国際政治は、18~19世紀のような多極構造下のバランス・オブ・パワー外交に戻る」と主張したのが、キッシンジャー元国務長官、『文明の衝突』のハンティントン、優秀な国際政治理論家のケネス・ウォルツ(カリフォルニア大)、そして「ソ連封じ込め戦略」と「マーシャル・プラン」を考案した戦略家のジョージ・ケナン等です。彼らは、「アメリカだけが世界を支配する一極構造は無理だ」と明言していました。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年9月号記事  ロシア  北方領土  プーチン  メドベージェフ  中国  

Menu

Language