6歳未満で初の脳死臓器移植 霊界を前提とした医学の進歩を - Newsダイジェスト

6歳未満で初の脳死臓器移植 霊界を前提とした医学の進歩を - Newsダイジェスト

6 歳未満男児の脳死判定で、日本臓器移植ネットワークが記者会見。写真:時事

 

2012年8月号記事

 

 富山大学付属病院に入院していた6歳未満の男児が改正臓器移植法に基づいて脳死と判定され、心臓・肝臓・腎臓の臓器移植手術が6月に行われた。6歳未満の幼児の脳死判定は、国内で初めてとなる。

 2010年7月に改正臓器移植法が全面施行されてから、本人が生前に拒否の意思表示をしていない限り、家族の同意があれば、15歳未満(生後12週未満を除く)の小児の移植医療が可能になった。

 この法律の施行には、WHOから2010年5月に「臓器移植の自国内完結」が勧告され、海外渡航による小児の臓器移植を行うことが難しくなったという背景もある。今回の移植が、国内での小児の臓器移植を推進するとして賞賛する報道も多い。

 この男児は事故による心肺停止の蘇生後、低酸素性脳症に陥って入院していた。医師から「重篤な脳障害をきたしている」と告げられた家族が、自発的に臓器提供を申し出たという。家族は「息子が誰かの体の一部となって、長く生きてくれるのではないか」とコメントを発表している。体の一部であっても生き続けて、それによって誰かの命が救われるのであれば、という親の気持ちも込められていることだろう。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年8月号記事  脳死  臓器移植  低酸素性脳症  家族      霊子線  人間機械論  

Menu

Language