オウム教幹部を相次ぎ逮捕 なぜかマスコミが一切報じない「オウムのテロから日本を救った団体」 - Newsダイジェスト

オウム教幹部を相次ぎ逮捕 なぜかマスコミが一切報じない「オウムのテロから日本を救った団体」 - Newsダイジェスト

幸福の科学の信者たちが1995年2月の「假谷さん拉致事件」に対して「オウムの仕業だ」と全国でデモ(上)をしたことは、マスコミ報道では一切触れられないが、実質的にオウムから日本を救った。

 

2012年8月号記事

 

 6月3日に菊池直子容疑者、同15日に高橋克也容疑者が相次いで逮捕され、オウム真理教の特別手配犯はこれで全員逮捕されたことになる。

 連日のオウムに関するマスコミ報道を見ると、オウムの元幹部である上祐史浩氏をテレビに登場させたり、オウムを擁護していた宗教学者を平気で雑誌に登場させているが、その見識のなさには呆れるばかりだ。

 宗教学者たちが盛んにオウムを持ち上げていた1990年前後から、唯一、オウムの本質を「テロ集団」と見抜き、勇気をもって批判し続けていた団体については、マスコミは一切取り上げようとしない。きわめて公平性を欠いていると言わざるを得まい。

 その団体は「幸福の科学」。1995年2月、「假谷さん拉致事件」の際、幸福の科学の職員が拉致現場を目撃し、警察に通報。「假谷さん拉致はオウムの仕業だ。麻原を逮捕せよ」と全国各地でデモをし、警察を動かしたのは幸福の科学の信者たちだった。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年8月号記事  オウム  假谷さん拉致事件  デモ  サリン  

Menu

Language