沖縄には米軍も自衛隊も必要だ

沖縄には米軍も自衛隊も必要だ

現地ルポ 沖縄本島・石垣島・与那国島

尖閣事件の舞台となった沖縄で今、中国の脅威に対する備えや、米軍・自衛隊の必要性を訴える声が大きくなっている。マスコミが描く「反米軍・反自衛隊」の沖縄像を突き崩す、沖縄の真実に迫った。

(編集部 山下格史)

 

沖縄が変わり始めている──。

尖閣事件で日本政府が中国人船長を釈放した後の10月上旬、事件の舞台となった沖縄の那覇、石垣島で立て続けにデモ行進が行われた。

この2つのデモの趣旨は、マスコミが描く「反米軍・反自衛隊」という沖縄像とは真逆のもので、尖閣事件で弱腰外交を続ける日本政府に対し、「日米同盟を強化せよ」「南西諸島に自衛隊を即時配備せよ」と、国防の強化を強く求めるものだった。

那覇市内の沖縄県庁前でマイクをにぎった、「沖縄の自由を守る会」の徳留博臣代表は、「戦後、中国の歴史は軍拡と侵略の歴史。このままでは日本が侵略されてしまう。私たちは毅然とした国家と日本人をつくっていきたい」と声を張り上げた。

複数の団体の参加で1500人規模に膨れ上がったデモ隊は、「尖閣は沖縄、日本の領土だ!」などとシュプレヒコールを繰り返し、2・5キロの道のりを1時間以上かけて行進した(上写真)。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 540円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 5,940円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 領土  沖縄  尖閣  中国  米軍  自衛隊  漁船  船長  侵略  海上保安庁  石垣  与那国  首相  外務省  防衛  右翼  台湾  マスコミ  

Menu

Language