性急な脱原発の危険性を勇気を持って訴えよう - 新シリーズ 有識者インタビュー 未来を創る

性急な脱原発の危険性を勇気を持って訴えよう - 新シリーズ 有識者インタビュー 未来を創る

 

2012年7月号記事

 

新シリーズ 有識者インタビュー

未来を創る

性急な脱原発の危険性を勇気を持って訴えよう

 

 

グロービス経営大学院学長

堀義人氏

(ほり・よしと)
1962年茨城県出身。京都大卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事を経て1992年にグロービスを起業。現在、グロービス経営大学院学長、グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー。著書に『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)『吾人の任務』(東洋経済新報社)など。

 

 

 

 

 

性急な脱原発の危険性を勇気を持って訴えよう

 エネルギー問題を考える上で、四つの点を考慮する必要があります。

 まずは安全性です。発電電力量当たりの死亡者数で見ると、原子力発電は、石炭の約250分の1、石油の約200分の1、ガスの30分の1です。実は原子力が一番死亡者数が少ないのです。日本の死亡者数はわずか2人です。今回の地震でも、2万人もの人が津波で死亡・行方不明になっていますが、原発事故ではゼロ。放射線医療の専門家によると、今後50年、100年経っても死亡者は限りなくゼロに近いと言っています。むしろ、避難所生活などのストレスによる死亡者の方が増えるという指摘もあります。

 また、原発はよく「トイレのない家に住んでいるようなもの」と言われますが、これは誤解です。安定した地盤の地中深くに、密封して埋め込み、放射能が漏れないように保管すれば安全に処理できます。高度な廃棄物に関しては、国民一人当たりゴルフボール2個分しか発生しません。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年7月号記事  原発  脱原発  経営者  雇用  電気料金  生産拠点  

Menu

Language