日銀の擬似インフレ目標にだまされるな - 新シリーズ 有識者インタビュー 未来を創る

日銀の擬似インフレ目標にだまされるな - 新シリーズ 有識者インタビュー 未来を創る

 

2012年6月号記事

 

新シリーズ 有識者インタビュー

未来を創る

日銀の擬似インフレ目標にだまされるな

 

 

上武大学教授

田中秀臣氏

(たなか・ひでとみ)
1961年生まれ。経済学者。専門は経済思想史、日本経済論。リフレ派の代表的論者。主な著書に『デフレ不況』(朝日新聞出版)『日本建替論』(共著、藤原書店)など。

 

 

 

 

 歳出を減らして増税をするという財政再建をすれば経済はよくなるというワシントン・コンセンサスと呼ばれる政策スタンスがあります。かつてIMF(国際通貨基金)や米財務省を中心に打ち出されましたが、今では、不況の時には逆に財政支出を増やした方が、かえって財政再建には役に立つという考えに変っています。IMFのチーフ・エコノミストのオリビエ・ブランシャールなどがそう訴え始めています。

 なぜ変わったか。典型的なのがユーロ圏です。ワシントン・コンセンサスに基づいて、増税や金融引き締めで財政再建を図ってみたら、ギリシャ、ポルトガル、イタリアと次々と財政がさらに悪化してしまったのです。

 つまり、この1年ほどで、財政再建至上主義は否定されているのですが、この変化についていけない国が一つだけあります。わが日本です。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年6月号記事  田中秀臣  日銀  インフレ  インタビュー  名目経済成長率  インフレ目標  

Menu

Language