「いじめ隠ぺい」が子供を殺す

「いじめ隠ぺい」が子供を殺す

2007年2月号記事

総力特集

日本の教育に正義はあるのか

 

全国各地で「いじめ問題」が噴出し、教育界が大きく揺れている。

多くのケースで共通するのは、いじめられた側が泣き寝入りする、転校か不登校になる、最悪の場合、自殺するという本末転倒の形で事態が「収拾」されている点だ。

なぜ、いじめがなくならず、しかも被害者のほうばかりが深い傷を負う形になっているのか。その最大の原因は、学校・教育委員会が責任逃れのためにいじめを隠ぺいすること。そして、そもそも教育の現場に善悪の価値観や正義が存在しないことにある。

およそ普通の企業社会で暮らす人からは想像もできない、「問題もみ消し能力」が評価の対象となっているような治外法権、マフィアの如き世界がそこには展開しているのだ。

本特集では、学校側に敗れる教育委員会の実態、幸福の科学・大川隆法総裁の緊急提言「いじめ問題について」、そして教育委員会の根本改革のための提言などをとりあげ、編集部の総力を挙げていじめ問題の根本的な解決に取り組んだ。

今こそ、教育改革に意欲を見せる安倍政権の方針に逆行するかのような教育現場に正義を取り戻して教育界を浄化し、いじめを根絶して、子供たちが笑顔で安全に通学できるよう教育を再生すべきときである。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 「いじめ隠ぺい」が子供を殺す  日本  教育  正義  

Menu

Language