釈量子の志士奮迅 [第2回]

釈量子の志士奮迅 [第2回]

 

2012年5月号記事

 

第2回

釈量子の志士奮迅

世の中は変えられる!

 

幸福実現党青年局長

釈量子 (しゃく・りょうこ)

1969年東京都生まれ。国学院大学卒業後、ネピアを経て、宗教法人幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。 http://shaku-ryoko.net/

 

 

 

 

[第2回] 日本分断のXデー

 

「いま、沖縄のメディアが大変なことになっています。本土復帰40周年を前に、琉球新報、沖縄タイムス、地元のNHKも、日本に復帰してよかったのかというような報道ばかりで、このままの空気では本当に危ない。中国共産党に持っていかれてしまう」

 電話の主は沖縄のTさんでした。40年前の1971年、当時28歳の青年だったTさんと仲間たちは、祖国復帰の最終決断となる沖縄返還協定批准採決の際、沖縄代表で批准貫徹の国会請願に行った当事者です。当時の沖縄は、純粋に祖国復帰に燃えていたといいます。

「沖縄の私たちにとって『祖国』という言葉はものすごく重いんですよ。祖国と聞くだけで涙が込み上げてくる」

 私たちは時代を選び、国を選び、親を選んで生まれてきます。「国」は魂修行の舞台であり、それぞれの国の神話が語るように、神々は厳然と存在し、素晴らしい国を作り上げるべく、地上にいる人間たちとともに努力しているのです。

 

 

東シナ海侵出をはかる中国共産党

 しかし中国共産党は92年に「領海法」を施行して尖閣諸島等を中国領と宣言して以来、新法を次々に制定。領海侵犯を繰り返しながら既成事実を積み重ね、東シナ海の領有化を進めています。これは海底に莫大な資源の存在が明らかにされてからの動きで、海洋資源がほしいという本音は、誰が見てもわかります。最近では3月2日に日本政府が尖閣諸島を含む39の無人島を命名した翌日、早速71の島に名前を付けて対抗措置に出ました。

 にもかかわらず、ビザ緩和などで経済的なつながりも深くなる一方の沖縄では、中国が危険だとはとても思えない空気が流れています。

 

 

沖縄の独立もあり得る?

 惠隆之介氏は、「最も想定されるシナリオ」として次のように書いています(『誰も語れなかった沖縄の真実』)。

 ×月×日正午、中国共産党の指令を受けた多数の中国人(特殊工作員)が、観光や見学を理由に沖縄県庁や県議会を訪問中、突如蜂起。知事室や県議会を制圧し、関係者を監禁または脅迫して「独立宣言」を行わせる──。

 沖縄が独立宣言すれば、日米安保条約は適用されません。日本分断のXデーが迫っています。私自身、沖縄に親族を持つ一人としても、声を上げずにいられないのです。

 幸福実現党の青年・学生も、沖縄の中心市街などで活動を始めています。沖縄の無言の同調圧力を跳ね返し、「正しいことは正しい」と言い切れる、強い若者たちが立ち上がっています。いつの日か、自由と繁栄のもとで、中国や北朝鮮の若い世代同志が手を取り合って、新しいアジアを創る夢の未来のXデーを心に強く描きながら。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

タグ: 2012年5月号記事  釈量子  幸福実現党  自由  宗教  青年局長  日本分断  

Menu

Language