日米がついにインフレ目標を導入 "Newsダイジェスト"

日米がついにインフレ目標を導入 "Newsダイジェスト"

2012年4月号記事

 

 

日米がついにインフレ目標を導入 "Newsダイジェスト"

日銀の金融緩和に本腰は入るか

 

日米の中央銀行が相次いで、インフレ目標の導入に踏み切った。

まずはアメリカ。1月25日、米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会で年率2%のインフレ目標を導入することを決定した。また、2014年終盤までゼロ金利を継続する予定も発表。

一方、日銀は2月14日の金融政策決定会合で追加金融緩和策を決めた。そこで「中長期的な物価の安定のめど」を1%にすると明示。長期国債の買い入れ基金も10兆円増額し、65兆円とする追加緩和も決めた。

大手各紙はこの決定を「事実上のインフレ目標」と報じた。通常、インフレ目標という場合、達成時期と達成できなかった場合の措置を明らかにする。今回は日銀もFRBもそこまでは踏み込んでおらず、その意味では、厳密な意味でのインフレ目標ではない。 

しかし、市場に与えたインパクトは小さくなかったようだ。14日の為替市場は、円安が進んで一時3週間ぶりの安値となる1ドル78円台となった。

それだけ、日銀がインフレ政策に転じるとは、誰も予測していなかったのだろう。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年4月号記事  日銀  金融  インフレ白川総裁  デフレ  FRB  通貨  産業  

Menu

Language