関西電力の全原発が停止 「脱原発」を引っ張る橋下大阪市長

 

稼働中の福井県高浜町にある高浜原子力発電所3号機(出力87万キロワット)が20日に定期検査入りし、関西電力が保有する原発全11基(総出力977万キロワット)が運転停止することになった。

 

国内の電力会社で最も高い51%という原発依存度(2010年度)の関西電力だが、原発全停止後は、火力発電所28基(同1450.7万キロワット)のフル稼働や他の電力会社などからの買電を増やすことで、2600万キロワット前後の供給力を確保するという。

 

脱原発の方針を貫いている橋下徹大阪市長は、同じ福井県にある大飯(おおい)原発3、4号機の再稼働についても、経済産業省原子力安全・保安院が「安全評価(ストレステスト)は妥当である」と判断したことに対して「ストレステストでOKだから原発は必要、再稼働ということにはならない。原発依存度を下げることは国民のコンセンサス。安全性が確認できても必要性の議論をしなければいけない」と公言している。

 

大阪市は関西電力の約9%の株を所有する筆頭株主であることから、「大阪府市統合本部」で立ち上げたエネルギー戦略会議で、関西電力に情報開示を要請する方針も決定した。橋下市長の主張に便乗するかのように、関西の自治体の首長たちも「脱原発」を主張し始めている。

 

しかし、地方自治体の「原発は危険だから要らない」という情緒的な主張が、日本全体の長期的なエネルギー政策を左右し、国民生活や企業の経済活動に影響を与えるような事態を、このまま見過ごしていいとは思えない。

幸福の科学・大川隆法総裁が2月8日に行った、辛亥革命の革命家・孫文の霊言で、孫文の霊は、中国政府による日本への工作について以下のように述べている。

「福島の原発事故後、日本で原発反対運動が行われているが、そこにはたくさん中国の工作員が入り、資金援助して、日本全国の原発を止めようとしている。中国もアメリカも原発推進だが、日本だけ廃止させて牙を抜けば、原子力兵器が造れなくなる」

 

中国が最も警戒しているのが日本の核開発であり、それを止めるには「脱原発」が最も有効だという判断を中国共産党政府はしているらしい。

「脱原発」論者と中国との関係をこそ、日本人としては警戒しなければならない。〈宮〉

 

【関連記事】

2012年2月15日記事 公開霊言抜粋レポート「孫文の霊言」 習近平の覇権主義が始まった

http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=3820

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

デイリーニュースクリップをカテゴリ別に見る

世界政治経済テクノロジー社会自己啓発スピリチュアル思想・哲学その他

Menu

Language