TPP参加で輸入大国の責任を果たせ "Newsダイジェスト"

TPP参加で輸入大国の責任を果たせ "Newsダイジェスト"

 

2012年1月号記事

 

 野田佳彦首相は11月13日(日本時間14日)、米ハワイで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議で、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉に参加する方針を表明。日本の動きが呼び水となったか、カナダとメキシコも相次いで参加を表明した。

 一方、これまでにTPP交渉を進めてきた米豪など9カ国は、これに先立つ12日に同協定を大枠で合意。今後の交渉では、関税撤廃の例外品目などについて各国の利害調整が行われ、2012年内の決着を目指す。

 日本国内では、いまだに「交渉参加を前提とするものではないと理解している」(鹿野道彦農水相)、「拙速だ。国民の不安を増幅させている」(谷垣禎一自民党総裁)などの反対論も根強い。また、推進派からは、「バスに乗り遅れるな」式の声も聞かれる。

 しかし、今回のTPP参加をめぐって、日本人が持つべき精神的態度は、悲観論にまみれた後ろ向きのものでも、頭を下げて参加させてもらうような悲壮感漂うものでもない。TPP参加によって大国としての責任を果たすべき時が来たと前向きに考える必要がある。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2012年1月号記事  TPP  環太平洋経済連携協定  APEC  野田佳彦首相  関税  開国  

Menu

Language