2031年日本の未来構想(6)「一家にロボット数台」は当たり前

2031年日本の未来構想(6)「一家にロボット数台」は当たり前

2009 年国際ロボット展で人気を博した双腕ロボット。安川電気開発の「MOTOMAN-SDA10」を他企業が「お好み焼きロボット」にプログラミング。写真:ロイター/ アフロ

 

2011年1月号記事

 

Project6

実現待ったなし!

「一家にロボット数台」は当たり前

 

現在、日本人の5人に1人が65歳以上という本格的な高齢社会が到来している。今後、高齢者の割合は2人に1人に向けて増え続ける見通しだ。

「人手はもう限界が出てくるでしょう。もう待ったなしです」と言うのは、日本ロボット工業会の矢内重章さん。

「海外から外国人労働者を呼ぶか、ロボットを開発するかどちらかでしょうね。特に現実問題としては福祉関係です。潜在ニーズは非常に高いです。もっとも、介護は人間にしてもらいたいという人もいますが、逆に介護する側の人の腰痛対策としてのロボット機能の活用というのもあります」(同)。

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2031年  日本  未来  構想  世界  救う  プロジェクト  ロボット  高齢  社会  人手  労働者  開発  介護  家庭  

Menu

Language