カトリックの人工妊娠中絶禁止から矛盾が噴出 "Newsダイジェスト"

カトリックの人工妊娠中絶禁止から矛盾が噴出 "Newsダイジェスト"

 

2011年12月号記事 

 

中米の国エルサルバドルで9月末、女性の権利を求める13の機関が集まり、大統領に対して人工妊娠中絶の合法化を求めるデモを起こした。

エルサルバドルはカトリックが国教だ。カトリックは子供を授かることを神の恩寵と考えるため、器具を使った避妊や不妊手術を禁じており、母体に危険がある場合や犯罪による妊娠などを除いて中絶も認めない。国によって許容度に多少の幅はあるが、同国は特に厳格で、理由を問わず法律で全面的に中絶を禁じている。今回のデモは、世界のフェミニズム団体の連帯活動の一環として実施された。

一方で、米国ミシシッピー州では11月、「受精の瞬間から、その存在は人間(person=人権を持つ個人)である」と定める州法が住民投票で成立する見込みだ。同州はキリスト教に基づく保守思想が強く、同州のプロテスタント牧師は「聖書に、私たちは子宮の中にいる時から人間だとはっきり書いてある。これに反する見解は聖書の指摘を無視することになる」と話している。同法案が成立すれば中絶は認められにくくなる。

 

 

「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。1口1万円からご支援いただければ幸いです。
「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内

YouTubeチャンネル「未来編集」最新動画

次ページ以降の記事は有料会員限定です。有料購読すると続きをお読みいただけます。
LOGIN ログイン

有料購読会員の方

ご登録のID(メールアドレス)を入力し、
「ログイン」を押してください。

ご登録のID(メールアドレス)
パスワード

ID・パスワードを自動入力するにはFAQをご参考ください。

※クレジットカードの期限切れの方へ…こちらをご覧下さい。

まだ有料購読会員でない場合

一つのIDでOK!PC、携帯、スマートフォン、どれでもご購読頂けます!

継続している期間中、すべての記事がご覧いただけます。

■クレジット払い(月額)

月額継続 550円(税込み)
  • カード払い(次月以降は自動継続課金)
  • カード決済後すぐに購読開始
クレジットカード

■銀行振込(年間)

年間購読 6,050円(税込み)
  • 11ヶ月分の料金で年間購読できます(初月分無料!)
  • 振込確認後に購読開始(10日以内)
リバティwebを購読する
タグ: 2011年12月号記事  人工妊娠中絶  カトリック  エルサルバドル  プロテスタント  貧困    妊娠  

Menu

Language